どこにいても受講できます! 未就学児のママ対象、読み聞かせ講座

年内最後です!と告知しましたが、熱烈な?ご要望をいただきまして、もう一回追加いたしました♡

📔未就学児のママ対象 読み聞かせ講座📚

  • 日時: 11月30日(木)9:30~11:00 / 12月17日(日)21:00~22:30
  • 料金: 2,000円(おさらい受講1,000円)
  • 場所: ネットにつながるスマホ・PCがあればどこでもOK!オンライン会議室Zoomを使います。(使い方はご説明しますので、ご安心ください♡)
  • 定員: 11月30日 あと1~2名募集中 / 12月17日満員です(11月11日現在)
  • お申し込み方法: 文末のフォームよりお申し込みください

読みっぱなし? or 読んだ後に楽しむ?

小学校1年生の長男は、毎日音読の宿題があります。

もう、やっつけ仕事みたいになっていて(苦笑)、彼の音読は、テキトーです…。でも、私はそれでもOKと思っています。

なぜなら♡

  • スラスラ読めていること
  • 内容を理解していること

を確認できればOKだから!

 

音読の宿題でまずチェックするのは、言葉をちゃんと理解しているか、読めない漢字、知らない単語はないかどうか…です。音読をすると、わからないところでつっかえるので、すぐに気づくことが出来ます。そこをフォローしてあげればOK!

学校の宿題の音読って、おんなじ文章を数日~数週間読み続けるんですよね。そりゃ子どもも飽きますって(親もね)。だからスラスラ読めるようになってしまえば、多少いい加減に読んでても、私は、読んだという事実に◎をあげてます。

あとは、内容理解。

せっかく毎日ある音読の宿題。毎日1問、内容に関するクイズを出してあげれば、読解力UPにつながります。音読が終わった後に、「くまさんは何色のズボンはいてた?」とか、「うさぎさんは最後はどんな気持ちになった?」とか聞くだけでOK!

…なんですが。

このクイズの質が大事です。簡単すぎてもそのうち飽きられます。難しすぎても面倒くさがられます。ちょうどいいけれど、ちゃんとポイントを押さえているかどうか、そこがママの腕のみせどころです♡

 

↑今、小学1年生の音読を例にしましたが、これらのチェックポイントは、2~6歳くらいでも出来るんですよ。

というか!それくらいからしっかり習慣化しておくか否かで、小学校に入ってからの読解力に、ものすごく差が出てきます!

絵本をたくさん読んであげたから、本を読むのは好き…なんだけど、イコール理解力がある、ではない場合もあります。

そして、読むのは好きだけれど、そこから自分の感想を言うのは苦手、という子もたくさんいます。自分の感想を言えない大人もたくさんいます!

生まれ持ったセンス…ももちろんあるとは思いますが、日々の積み重ねで、読解力や表現力はいくらでも鍛えられますよ♡

HIMAWARIの読み聞かせ講座は、「この年齢ではこういう本を読んであげましょう」とか「こういうテンポで、こういう声色で読みましょう」という話ではありません。

繰り返し絵本を読むのが好きな時期、お母さんに読んでもらうのが好きな時期、つまり未就学のうちに、いかに読解力を鍛えていけるか、そのためにはどんな問いかけ=クイズをしていけばいいのか、というお話です。

うちの子にはまだはやい?

では、いつからやりますか?国語の成績が悪いことに気づいてから?…では、遅いんですよね(涙)

ママと過ごす時間、ママに読んでもらうことが大好きな…しかも、同じ本を何度でも繰り返し読みたがる時期だからこそ、読み聞かせと問いかけの習慣を作ることができます。

おもしろいなぁと思うのが、長男の音読宿題マンネリ化and読解力対策でしているクイズ、幼稚園児の次男もまじめに答えていること(笑) やっぱり下の子の方が、語彙力も理解力あると思う。1年生の教科書の内容を、日々耳にして、クイズに答えているんですものね。

この講座を受講して実践すると、きょうだい間でも良い相乗効果が期待できるかも…しれませんよ😁

 

HIMAWARI流 読み聞かせ講座、年内あと2回開催します!その後は、来年春or初夏まで開催予定がありませんので、気になる方はこの機会をお見逃しなく♡

講座では、こんな感じの絵本を使って、具体例を紹介します♡

ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (13)
  • うんうん (3)
  • やってみます! (4)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP