今しか出来ない子育て、全力で満喫しません?

発音とフォニックスと大人と子ども。〜発音矯正レッスンとフォニックスレッスンの違いまとめ

発音とフォニックスのレッスンについて、よくいただくご質問にブログでもお答えしたいと思います♡

それと、最近ちょっとレッスンの種類を増やしたので、どこがどうちがうの??っていうことを簡単にまとめたいと思います!

発音レッスンとフォニックスレッスンの違い

ママのためのフォニックスレッスン

これは、Jolly Phonicsの教材を使って、ママがフォニックスを学びます。ママ自身の英語のお勉強、と思ってください。

フォニックスとは、英語の音と文字の綴りのルールなので、発音も学べるし綴りのルールも学べます。

APPLEと書いてもエーピーピーエルイーとは言わないですよね。なんでエーピーピーエルイーと書いているのにアプルと読むのか、という、そういう音とつづりのルールを学べるのがフォニックスです。

前編全6回、後編全7回のレッスンを、毎週または隔週ペースで進めていきます。数カ月かけてゆっくりじっくり学びたい人におすすめです。大人の習い事って感じですね♡

≫ ママのためのフォニックスレッスン 概要ページはこちら

ママのための発音矯正レッスン

こちらは発音だけ集中的に学ぶレッスンです。英語の文法はある程度出来る、とか、他のフォニックス教材を使っている、とか、なんとなく今まで発音してたけど、ちゃんと発音の理屈を確認したい…そういうママ向けのレッスンです。

フォニックスレッスンのように、綴りのルールについての説明はありません。使用するテキストは、渡邊オリジナルのものになります🌻

オンライン通話(ZoomやLINE)を使って3回の発音レクチャー&1か月間のフォローで集中的に学びます。

≫ ママのための発音矯正レッスン 概要ページはこちら

先生のための発音指導法講座

自分が言えるようになるのと、出来ない人にわかりやすく伝えることは別物、と私は考えます。この講座は、自身の発音チェックだけでなく、生徒がどういうところでどういう間違いをしやすいのか、また、それを改善するにはどういう説明がわかりやすいのか、という指導のポイントをお伝えします。

こちらのテキストも渡邊オリジナルの内容となっております。音声学の理論(専門用語)について詳しくは語りません。興味がある方は、理論は理論で学べる場所に通われることをおすすめします。

この講座でお伝えするのは、実践から得たノウハウをまとめたものです。先生自身が発音の基本がしっかりできていれば、どんなレッスンで即活かせる内容になっています。

お子さんの発音をおうちでしっかりみてあげたいお母さんにもちょっぴりおすすめ♡

オンライン通話(ZoomやLINE)を使って3回の発音レクチャー&1か月間のフォロー、発音チェックシートやまとめテストがあります。テスト、あります。←大事なことなので2回書きました。

≫ 先生のための発音指導法講座 概要ページはこちら

子ども向けの発音のレッスンがない理由

一番よくいただくご質問が「子ども向けの発音レッスンはしていませんか?」というものです。

申し訳ありませんが、私がお子さんに直接教えるレッスンはキッズ英語レッスンのみとなっております。そして、このレッスンは、未就園児から親子英語レッスンorママのためのちょこっと子育て英語講座®に参加している生徒さん、または、お母さんがママのためのフォニックスレッスンを受講済みのお子さんのみ対象となっております。

発音は、1回聞いてわかるようになるものではありません。子どもは確かに物覚えが早いです。ですが、忘れるのも早い。一番身近にいる大人が継続して学べる環境を用意してあげることが第一だと私は考えています。

だから“ママのための”レッスンが、HIMAWARIには多いんです。講師が数回教えるよりも、一番近くにいるお母さんに知識があることが大事だと思うから😀

いつかうちの子どもたちがもっと大きくなって、私に時間的余裕が出てきたら、子ども向けの継続のレッスンをする時がくるかもしれないですが、現時点ではお子さま向けのレッスンはこれ以上増やせなくて、すみません💦

身近な大人の知識と意欲が大切♡

なんにも知らなかったらスルーしてしまうことも、知っていれば「おや?」と気が付くことができます。

さらに「おや?」っと気づいたら「こうするといいんじゃない?」という声掛けも出来るようになります。

先生が子どもに教えることももちろん大事です。子どもの年齢が上がれば上がるほど、親子ではない別の大人に教えてもらった方がいいこともあります。

でも、10歳くらいまで、親のフォローは欠かせません。0~3歳は特に、親の世界が子どもの世界のすべてだし。6歳までは、親の世界の範囲で子どもは生きています。親のサポート次第で、子どものチカラは変わるといっても過言ではありません。

そして、子どものことを真剣に考えている先生であれば、親のサポートがどれだけ大切なものか、体の奥底から実感しています。先生だけで出来ることって限界があります。子どものことを思えば思うほど、親のチカラの強さを感じるんです。よくも悪くも…です。

だから、私は、まずはお母さんに学んで欲しいのです。お母さんのチカラだけじゃ足りなくなったら、専門家に頼りましょ!お母さんのチカラをUPさせるために専門家を頼るのも素晴らしいことだと思いますよ♡

 

以上、発音レッスンとフォニックスレッスンの違い、なんで子ども向けのレッスンがなくて、大人対象ばっかりなのか…のお話でした😃

 

≫ ママのためのフォニックスレッスン 概要ページはこちら

≫ ママのための発音矯正レッスン 概要ページはこちら

≫ 先生のための発音指導法講座 概要ページはこちら

 

おうちでちょこっと英語をはじめませんか?

 

ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (6)
  • うんうん (2)
  • やってみます! (1)



スケジュール・空き状況はこちら
LINE@に登録する
タイトルとURLをコピーしました