もうEnglish Onlyは頑張らない…【キッズ英語レッスン】

「我が子たちのアウトプットを促したい!」という想いから、SUNNY BUNNY バイリンガル育成スクールの子ども英語講師養成講座を受講して約1年。

サニバニのメソッドをキッズ英語レッスンに取り入れてから1年。

もう、English Only!!! と頑張りません。

 

というのも。

ものすっご~~~~~~~く自然に、English Onlyが当たり前になったからです♡

頑張るぞ、おーーー!の気合がなくても。

お部屋に入ったら、当たり前にEnglish Onlyスイッチが入り、お部屋を出るまでEnglish Onlyスイッチが入り続けるようになりました♡

すごいすごいすごーーい😍😍😍😍

頑張るのやめるってすごくないですかーーー???

 

2018年度、最後のレッスンは、この1年間で学んだトピックをまとめて、1冊のMy Bookを作りました。

そして、これを、年度末の特別レッスンで、ひとりずつスピーチします。

3月に入ってからのレッスンは、このMy Bookづくりをしていたのですが。

その時間の子どもたちの会話がすごい♡

「テープ切りたいです~」
「はさみください、だよ」
「はさみください!」

「これなに?」
「ミッキーマウス」
「アリエル!」
「マリーちゃん」
「これおうちにもある!」

「パイナップルのテープどこ?」
「テーブルの下だよ」
「どうぞ」
「ありがとう」
「どういたしまして」
「それキウイだし!」

「ピンクのえんぴつください」
「緑と赤ください」
「長い方のください」
「こっちじゃなくて、あっちのがいい!」

「ハートがいっぱい!いっぱい!」
「星!月!キラキラ!」
「みてみて~、おもしろいでしょ?」

「なんの果物が好き?」
「バナナ」
「太っちょバナナ!」
「ウケル~~~!!」
「あとは、家でやるわ」

 

↑こういう会話が、すべてEnglish Onlyでした。子どもたちだけで、です♡

English Onlyのレッスンを始めた頃は、うっかり日本語が出ていて…。
夏休み前は、日本語が出ないようにするので精一杯でした。

夏休み明けくらいから、だんだん、English Onlyの意識が高まってきて。誰かがうっかり日本語をポロっとしちゃうと、「English Only!」なんて子ども同士で注意しあうようになりました。

そして、春を迎えようとしている今月。

子どもたちは、English Onlyではしゃぎ、笑い、ふざけるようになりました。

 

私、自分の息子をネイティブスピーカーの教室に通わせたことがあります。オンライン英会話で毎日20分、英語に触れさせた時期もありました。

でも、こんな風に、息子が英語を話すようになることはありませんでした。

今ならすごく理由がわかります。

子どもは勝手にしゃべり出すのではなくて、“しゃべるように促して”あげないといけないんですね。子どもの発話を、引き出してあげないといけない。

これって、そのためのメソッドをちゃんと学ばないと出来ないことです。

ネイティブスピーカーだから出来ることではない。
ちゃんと、メソッドを学び、それを実践しているからこそ、出来ることです。

 

英語教育についてそんなに詳しくない、小学校のママさんとかに、「やっぱりネイティブ講師がいいんでしょ?」とか「何千時間も英語聞かないといけないんでしょ」とか、軽く質問されたりしますが。

その都度、私は少し悲しくなります。

ネイティブスピーカーだからいい、ではないんだよーーー😭

でも、これってなかなか伝わらない。英語教育について真剣に考えている人なら、いきつく答えだと思うけれど。そうじゃない人にとっては「とかいいつつ、やっぱりネイティブの方がいいでしょ。ネイティブと遊んでれば話せるようになるでしょ」と、思ってしまいがちな気がします…。

 

違うから!🤓

 

↑こうやって、好きなシールを探しながら、ペタペタMy Bookを飾りつけしている子どもたち。

もしここにネイティブ講師がいたら、わーーーーっと英語のシャワーを浴びせるかもしれないけれど。

何を言われているかわかっていない子どもたちは、ただシール貼りを楽しむだけになるでしょう。

それで子どもは英語を話すようになるでしょうか??
「英語レッスンでシールいっぱい貼って、楽しかったよ~!」で終わる可能性…大。かもしれません。

シール貼りをただのシール貼りで終わらせず、“英語の学習の時間”にするためには、子どもの発話を引き出すための講師のチカラが必要です。

 

このブログをみているお母さんたちには、ぜひぜひぜひとも、お子さんを通わせる英語教室の講師に、そのチカラがあるかどうかを見極めて欲しいと思っています。

…といっても、まぁ、お子さんに身につけさせたい英語力については、いろいろありますからね♡ 話せるようになること、が1番じゃないケースもあるでしょうし、なにより大事なのは目的意識とゴールを見据えて判断することですから♡

ここに書いたコトは、「お子さんに英語を話せるようになって欲しいなら」という前提でのお話です😁

 

なんか、無駄にアツク語ってしまいました…。

ほんとは、サラッと終わりにするつもりだったのですが(笑)

↓これみてください~♡
「なんの動物が好き?」の質問に

「I like my teacher.」って書いてくれました♡嬉しい♡

 

English Onlyが当たり前になったクラスが、4月から、さらにどう進化してくるのか、ほんっと楽しみです!

↑家での取り組みチェック表も、がっつり作りました♡

私も、この取り組み表を掲げてがんばります!生徒さんだけじゃなくて、我が息子たちも、English Onlyを頑張らない子にしたいから♡

 

 

おうちでちょこっと英語をはじめませんか?
ママのための子育て英語講座 参加者募集中♡

 

◭ PAGE TOP

ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (11)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (0)
 
スケジュール・空き状況はこちら
LINE@に登録する