レッスンはとりあえずやってみて…、本番はおうちです!【親子英語】

今日の親子英語レッスン、テーマはshapes。

♠、♣、英語で言えますか??
四角はどうでしょう? 長方形と正方形は違う単語なんですよ♡

フラッシュカードやミニカードを使って、形の単語を10個インプット…。
するのですが、1歳~3歳の男の子たち、まぁ、じっとしてないですよね~(笑)

いいんです、いいんです。

レッスンはたったの20~30分。その時間に何ができて何ができないかなんて、気にしなくてOK!大事なのは、おうちに帰ってから、お母さんがいかに英語タイムを捻出できるかです!

だから、たとえ子どもたちがお部屋のすみでブロックをしていたとしても、ママたちはレッスンに集中。子どもになりきって、英語を口にしますよ~。

前回は私が先生役、つまり、おうちだったらお母さんが言うセリフを言いましたが、今回はお母さんたちにかわりばんこに先生役のセリフも言ってもらいました。何度か練習することで、おうちに帰ってすぐに使えますね!?

動画はこちら

ちょっと、ね、笑っちゃうくらい簡単ではあるのですが、これが無意識に出てくるところまで何度もいうことに価値があります。

考えれば言える…では、足りない。とっさのときに出てきません。

たとえば動画に出てくる「I found it!」というセリフも、レッスン中の決まった状況の時にはお母さんたちみんな言えますが、「あれ?財布どこだっけ?あった!」という時の、「あった!」のときに、さらっと「I found it!」って言えて、初めてモノにした!と言えます。

そこまで定着するくらい、しつこく使ってほしいなと思います。

毎月5~6文で構いません。毎月新しいフレーズをそこまで使い込んだら、1年たつ頃には、だいぶ使える表現が増えていますからね。それをおうちで使い続けていれば、数年後、ネイティブの先生と子どもたちがレッスンするときがきた時、困らないくらいのやりとりは出来るようになっていますよ!

私はもう、日常的にひし形をdiamondっていう方が多いんですよ。

昨日夫に「ひし形ってなんていうの?」と聞かれて「diamond」と答えたら「ダイアモンド?ダイアモンドなの?ほんとに?」と言われて…。

「そうだよ!トランプだってそうでしょ?トランプもdiamondじゃん!ダイアモンドって言うでしょ!」と言ったら…「ダイアモンド??トランプ?…あーダイヤね。」と言われました。

「あ!そうか、ダイヤか。トランプの♦はダイアモンドって言わないね(笑)」

っていう、トランプの♦ダイヤをダイヤっていうことを思い出すことすら出来ませんでした😅

今日のレッスンでも、「♣三つ葉」って言っちゃったし…三つ葉?club?あれ?なんか違う単語だったような???日本語でなんだっけ?あ!クローバーか!

↑ここまでになる必要はないですが(ただの脳味噌の老化かもしれないし😂)、それくらい単語や短いフレーズを使い込むことで、自然にその言葉が出てくるようになるってことですね。

 

話が脱線しましたが。
レッスン中、子どもたちはそれぞれ好きなことをして、ママたちが子どもになりきって色を塗ったり、声を出したりしていましたが…、ちゃ~んと子どもたち、見てましたよ♡耳もこちらを向いていました♡

子どもたちはママが何をしているのか、遊びながらもしっかり見ています。遊びながら聞いています。だから、ママが真面目にレッスンに参加して楽しんでいれば、お子さんもその姿から、学ぶ楽しさを学んでいきます♡

教室にいる数十分間のレッスンがすべてではないので。
まずはママたちが大いに英語タイムを楽しんでくださいね!

 

英語レッスンタイムのあとは、6月のカレンダーを作って…

お弁当を食べて…

雨が降ってきたので、ちょっと早めに解散しました~!

帰り際も、いつも歌うお天気の歌のフレーズがさっと出てきてましたね!It’s rainy!

また来月もよろしくお願いします~!

≫ 親子英語 募集概要はこちら


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (6)
  • うんうん (1)
  • やってみます! (1)
≫ 最新記事はブログ一覧でチェック!
スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP