最新の活動レポはこちら♪

キッズ英語レッスン

英語で遊び、英語で学ぶ。
学んだことを無駄にしない!
教室と家庭の相乗効果で、
英語力の土台を育てます

子どものころはお金も時間もかけたのに、大きくなったら全然役立ってない…そんな英語教育はもったいないと思いませんか?

HIMAWARIのキッズ英語レッスンは、講師とご家族が協力して、子どもの英語力を土台を育みます。オンラインレッスンですが、基本的には親子でご参加ください。

親子で触れ合いながら、遊びを通してフォニックスから多読、文法へと、段階を経て学んでいくことで、小学校高学年から中学生に向けて、成績にも繋がっていく英語の基礎力を蓄えていきます。

おうちでの取り組みについても、具体的にご提案します。おうちの方には子どもたちのモチベーションを育てていただきます。知識を教えるのは講師の仕事、子どもと一緒に英語で遊ぶのが親のつとめ… おうちの方は、英語楽しい、なんかおもしろい!という気持ちを育ててあげることに全力を尽くしてください!

※このページ内の写真では一部Jolly Phonicsの教材を使っていますが、2021年4月からはRhymoe Phonicsを使ったレッスンになります。Rhymoe Phonicsについての詳細はこちらをご覧ください

HIMAWARIキッズ英語レッスンは、Rhymoe®プログラムに基づいた認定フローで行っております。
≫レッスンの流れについての詳細はこちらのサイトをご覧ください

 

レッスン内容

本物の英語のリズムとクセのない発音で英語力の土台を育てます

当教室では英語と音楽のリズムと体の動きを融合させたユニークな幼児英語教育メソッドRhimoe®︎を導入しています。

多くの日本人も英語教育関係者も気づいていない、英語の日本語のリズムの違い。そのリズムの違いが日本で作られた英語教材にも大きな影響を与えています。

日本人にとって心地の良い日本語のリズムにアレンジされた英語の歌は、歌詞が英語でも歌っているのがネイティブスピーカーでも、言葉のリズムが日本語と同じ作りになっているので、長い目で見た時に、自然なイントネーションや英語の発音の力につながりにくくなっています。

英語には英語のリズムがあります。それは日本語とは正反対と言っても良いほど異なるものです。

当教室では本物の英語のリズムをベースに作られたRhymoe®︎メソッドを採用することで、体を動かしたりアクティビティを楽しみながらも英語力の土台となるリズム感と発音力を育てることを大切にしています。

どんなに文法が良くできても、日本語のリズムでカタカナ発音で声にしていては、十分なコミュニケーションを取れるとは言い難いでしょう。

リズムと発音がいいから英語が出来る、にはなりませんが、リズムと発音が悪かったらコミュニケーションに支障をきたします。英語のリズム感と発音力は、将来の英語力の土台となるのです。

 

Rhymoe®︎ Phonicsで読み書きの基礎

話し言葉は、話す環境を失うと、一気にそのチカラを失ってしまう可能性が高いです。一方で、読み書きの力は、一度しっかり定着すると失いにくい。

自力読みが出来るチカラがつけば、日常生活に英語を話す環境がなかったとしても、英語の学習を自力で続けていくことが出来ます。

読み書きの基礎であるフォニックスを、小学校でローマ字学習が始まる前にしっかりと学び、英語の音素、発音、単語の読みの力、意味の塊での音の繋がりを定着させます。

ただの読み書きだけではなく、本物の英語のリズムに合わせて練習することで、読み書き学習でありながらも自然な発話につなげていくことが出来ます。

 

英語のリズム感が楽しい絵本の読み聞かせと音読

Rhymoe Phonicsで使用する絵本は、ネイティブの子どもたちが読んだり読んでもらったりする、本物の英語の絵本を使います。

情緒的なものではなく、英語のリズムを楽しめる絵本を選定しています。

フォニックスで学んだ文字や発音を、即リアルな絵本の中で体感し、次の読み書き学習へとつなげていきます。

 

BBカードで文法の基礎づくり

BBカードを使って、英検3級レベルの文法の基礎をゲームを通してインプットしていきます。韻を踏んだリズミカルな英文を何度も口にすることで、重要な構文が遊んでいるうちに体に染み込みます。

小学校高学年、中学生になった時に、必ず役立つ、英文法の土壌づくりです。

≫ BBカードってどんな教材?詳細はこちら

 

英作文で自己表現力を身につけていきます

毎回レッスンではミニスピーチを行います。自分の言葉で相手に伝える練習を、日々コツコツと積み重ねていきます。

さらにBBカードのセンテンスをベースに、自分の考えや意見を作文します。作文した英文をナチュラルな英語のリズムときれいな発音で繰り返しスピーチすることで、少しずつ自己表現できる力を育てていきます。

1年間の頑張りをお父さんお母さんに見てもらうために、年度末にはスピーチコンテストを開催します。

 

1回のレッスンは60分~リズム・発表・読み書き・文法~

HIMAWARIキッズ英語レッスンは、リズムと発音の力を育てることを主軸としつつ、読み書きや文法も学んでいきますが、すべて“楽しく・遊ぶように”ということを大切にしています。お勉強らしいお勉強のスタイルはとっていません。一見ただ楽しいだけに見えるかもしれませんが、3年後、4年後に、「あの時にやっていたことはここにつながっているのね!」と感じられる土台を育てています。

Hello Song

ボンゴという太鼓に合わせて一人ひとりの名前を言いながらHello Songを歌います。英語のリズムで太鼓を叩くことで、身体モードを日本語から英語に切り替える準備となります。

 

Warm-up

英語のリズム、子音、母音と体の動きを一致させた手遊びをします。簡単な動きに見えますが、これを繰り返すことで英単語の音節(シラブル)を感じる動きの感覚を育てます。

音楽に合わせて大きく体を動かすAction Songでは、体の力を抜いて、英語のリズムに合わせて体をバウンスさせます。このバウンスする感覚が英語を話すときに重要になってきます。日本語は足踏みするような言語なのに対し、英語は弾むような言語だからです。このリズム感の違いが発話の際の流暢さにつながっていきます。

エッグシェイカー

本物の英語の音楽に合わせてエッグシェイカーをふることて、英語のリズムであるバウンシングリズムを小さな動きで感じることが出来ます。手首や膝をやわらかく動かせるようになることで、発話がなめらかになっていきます。

スピーチ

毎回自己紹介と宿題の英作文(または自分の好きなおもちゃ)を一人ずつ紹介します。一人ずつみんなの前で英語を話す時間を積み重ねることで、表現する力の土台を育てます。年度末には日々のスピーチ(短文)を組み合わせて、長めのスピーチが出来るようになります。

単語遊び・ミニ会話

語彙力を増やすためにPicture Dictionaryを使って単語の発音練習を親子でします。レッスンは1週間に1回60分しかありません。おうちで英語に触れる時間の量がお子さんの英語力に直結してきますので、お母さんお父さんにも英語らしい発音を、単語だけで構わないので言えるようになってほしいと思っています。親御さんの言葉をお子さんは真似していくからです。

出来る範囲で構いませんので、親御さんも一緒に単語遊びをしていきましょう!

ハンドクラッピング

英語圏の子どもたちが小さい頃から親子やお友達と一緒に楽しむ手遊びをします。リズム感を養うとともに、フォニックス学習への導入となっていきます。

【フォニックスのまえにあそぼう】Pat-a-cake (Hand Clapping & Nursery Rhymes Unit1) – Rhymoe Phonics ライモーフォニックス 英語で手遊び

フォニックス

ハンドクラッピングの中に出てくる単語から、音素(英語の母音・子音)を抜き出し、文字の形や音を学びます。
音当てクイズや、文字書きクイズ、お絵描きの宿題や、英語の発音とリズムを育てるチャンツなど、盛りだくさんの内容ですが1つ1つに時間はかけません。1回のレッスンで完璧にするのではなく、1年2年かけてしっかり定着させていくことを目指しています。

Rhymoe Phonics Chants Unit5-p:Cop in a shop Chant ライモーチャンツ おまわりさんのチャンツ

最終的にはこれくらいのスピードで英文を言えるようになることが目標です。少しずつ練習していきましょう!

レッスンで紹介する手遊びやチャンツはすべて動画で公開しているので、おうちでご家族みんなで楽しんでください♪

絵本読み聞かせ・音読

毎回ではありませんが、フォニックスの学習内容に合わせて絵本の読み聞かせをします。秋以降は、2年生以上は音読の宿題も加わります。音読の宿題にはRazkidsというオンライン多読教材を使用する予定です。

BBカード

トランプのような、カルタのような、英語のカードゲームを通して、英検3級程度の英文法で構成された短い英文を繰り返しインプット・アウトプットしていきます。
これもただ遊んでいるように見えますが、積み重ねることで自然と英文を覚え、その英文の中の単語を差し替えることでオリジナルの英作文が出来るようになっていきます。
自分で考えた英文を毎回スピーチタイムに発表します。

Good-bye Song

レッスンの終わりはTwinkle Twinkle Little Starを聞きながらカードを片付けます。片付けが終わったらASL(アメリカの手話)を用いて英語のリズムを感じながら歌い、レッスン終了です。

 

使用教材

🔸Rhymoe Phonicsワークブック(1,400円)

🔸A Skunk in my Bunk

🔸Picture Dictionary

🔸BBカード

🔸エッグシェイカー(一人2個)

 

2021年度 キッズ英語レッスン 募集概要

キッズ英語レッスンは親子で参加するレッスンです。

◆対象: 2014~2016年度生まれ(2021年4月時点で年中~小学1年生)

※初めて英語を学ぶお子さんでも参加出来ますが、全クラス継続参加の生徒さんもいます。最初は慣れない部分もあるかもしれませんが、すぐに馴染むと思いますので安心してご参加ください。

日時:
月曜日 16:15~17:15(年間40回)満員
金曜日 16:15~17:15(年間40回)残1名様
土曜日 9:30~10:30(年間30回)満員

金曜日クラスは英語学習歴があり、フォニックスを一通り学んでいる生徒さんが対象です。文字の形や1つ1つの音は知っていて、それをつなげて単語にし、単語をつなげて文にしたときに、なめらかな音読になるよう、リズムや抑揚について重点的に学んでいくクラスになります。

場所Zoom

入会金: 5,000円(初年度のみ)

◆教材費: Rhymoe Phonics ワークブック(1,400円)、「A Skunk in my Bunk」(1,300円程度)、BBカード(6,500円程度)、エッグシェイカー(800円程度、手作りやおうちにすでにあるものでも構いません)、他必要に応じてお知らせいたします。

◆レッスン費:
平日クラス(年間40回) … 月謝 6,500円
土曜クラス(年間30回)… 月謝 5,000円

お支払方法:
毎月末日までに、翌月分を振込(ゆうちょ銀行)またはLINE Payにてお支払いください。

年間レッスンスケジュール

講師の都合(子どもの体調不良や学校の行事等)で振替をお願いする場合もありますこと、ご了承ください。
画像をクリックすると拡大画像(PDF)が開きます。

入会にあたってのお願い

お子さまがキッズ英語レッスンに参加する場合、保護者様も「ママのための親子英語レッスン」を出来るだけ受講していただきますようお願いいたします。保護者様もフォニックスの知識がないと宿題などの対応が難しいからです。継続している生徒さんの保護者様は全員受講されています。保護者様がRhymoe Phonicsの公式トレーニングを受講済み、または同等の知識がある方の場合は、当教室のレッスンを受けなくても大丈夫です。
≫ ママのための親子英語レッスンの概要はこちら

全クラス共通 注意事項

振替レッスンについて
振替レッスンはありません。お休みした場合は他のクラスに振替でご参加ください。いつどのクラスにご参加いただいても構いません。年間40回(土曜クラスは30回)になるように調整してご参加ください。お休みした分のフォニックスワークブックはご家庭で取り組み、写真を講師まで送ってください。

レッスン費について
レッスン費は、年間レッスン費を12で割った料金を月謝として頂戴しています。月によってレッスン回数は異なりますが、月謝は変わりません。年度途中入会の場合は再計算した料金になります。
毎月月末までにに、翌月分の月謝をお支払いください。お支払いいただいた月謝について、払い戻しはいたしませんので、ご了承ください。

 

お申し込み・お問い合わせ

下記フォームにご入力し、送信してください。折り返しご連絡いたします。(土日祝を除く。金曜日15:00以降にいただいたメールは翌月曜日にお返事いたします。)

確認画面が出ませんので、内容をよくお確かめの上「送信」してください。

タイトルとURLをコピーしました