【ご感想】自分の中の引き出しが開いて、嬉しくなりました。

お母さんが楽しければ、子どもも楽しい。

そういう時期って、いつまで続くんでしょうねぇ。

私もまだまだ子育て初心者(6年半)ですので、長い目で見たらわからないところもありますが、感覚的に、“無条件でお母さんが大好き、お母さんの真似っこ大好き!”という時期は、6歳くらいまでなのかなぁと思います。

続きを読む 【ご感想】自分の中の引き出しが開いて、嬉しくなりました。


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (5)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (0)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP

【ご感想】無理に「sea」と「see」に違いをつけて読もうとしていました

発音コンプレックスを、発音するっておもしろい!に変えるレッスン、それが大人のフォニックスレッスンです!

イギリスの小学校で使われている“ジョリーフォニックス(Jolly Phonics)”という教材を使って、英語らしい音、そして英単語の綴りのルールを学びます。

続きを読む 【ご感想】無理に「sea」と「see」に違いをつけて読もうとしていました


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (3)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (0)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP

【ご感想】うわさ通り、おもしろかったです♡

大人のフォニックスレッスン10期生から、ご感想をいただきましたので紹介します!

続きを読む 【ご感想】うわさ通り、おもしろかったです♡


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (5)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (0)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP

同音異綴を学ぶのは、ママ。

HIMAWARIでは、未就園児のお母さんが、フォニックスを学ぶことをおすすめしています。

これは、おうちで英語育児に取り組むならば、ぜーーーったい知っておいたほうがいい知識です。

フォニックスは、日本語でいったら小学校一年生で学ぶ五十音のようなもの。読み書きの基礎です。

日本語の場合、“あいうえお”がわからない状態で、いきなり漢字を覚える…ということは、ないですよね(もちろん個人差はありますが)。

英単語をいきなり丸暗記で覚えなさい、というのは、子どもに漢字をいきなり暗記しなさい、と言っているのと同じようなもの。得意な子はスラスラ覚えられちゃうかもしれませんが、苦手な子は、いきなりつまずきかねません。

続きを読む 同音異綴を学ぶのは、ママ。


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (5)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (0)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP

「筆順がおかしいんです。。。」とお悩みですか?

アルファベットって、日本語ほど筆順が厳密ではありません。特に大文字。

とは言いつつも、明らかに違う書き方をお子さんがしていたら、お母さんは気になっちゃいますよね。

そんなときにおすすめなのが…コレ!↓

続きを読む 「筆順がおかしいんです。。。」とお悩みですか?


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (3)
  • うんうん (3)
  • やってみます! (6)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP

目についたものは、なんでも分解する!

大人のフォニックスレッスン 後編は、同音異綴(どうおんいつづり)というものを学びます。

たとえばseeとsea。りはなりますが、じです。

こんな風に、綴りは違うけれどおんなじ音になるものには、ある程度の規則性があります。それを学んでいくのが、大人のフォニックスレッスン後編の内容になります。

続きを読む 目についたものは、なんでも分解する!


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (3)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (3)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP