あさがおの観察日記の書き方

小学1年生、夏休みの宿題といえば、あさがおの観察日記…かどうかはわかりませんが、我が家は夏休みのはじめと終わりに1枚ずつ書くように、宿題が出ています。

一応、小学生に作文指導をしていたこともある私。
わが子にはつい感情的にイラっとすることが多いですが、作文指導のテクニックを試せるよい機会でもあるので、仏の心で、なんとか観察日記に取り組みました。

自分で言っちゃいますが、なかなかよい出来です♡親バカ、自己満、どんとこい!な方は、ぜひ書き方(書かせ方)のコツとしてご覧ください。

素晴らしいことを書く必要はないんです。当たり前に普通のことを書くだけなんですが、声がけひとつで作文がラクチンになるんです♡

(1)写真を撮る

理想はね~、本物を見ながら書くことですが、暑いし飽きるし面倒くさいし、ということで、写真にとってパソコンで表示して、それを見ながら書きました。

(2)絵の基準を決めてあげる

まずは支柱を観察して、支柱を書きます。「縦の線は何本?横の線は何本?」こんな感じで声がけをして、色を塗りました。

(3)葉っぱの形に注目

「葉っぱ1枚だけよ~くみて。どんな形?」と、別の紙に形を描かせます。上手にかけたらアホみたいに褒めて調子に乗せ、「よし、葉っぱ100枚描こう!」とおだてます。

100枚は普通に拒否されるので「んじゃ30枚でいいよ」と妥協したようにみせかけて、本来必要そうな数を描かせます。まぁ、本人の気分でいいんですけどね。

(4)葉っぱの量・位置を、支柱を基準に観察する

「葉っぱはどこまで生えてる?つるはどこまで?」という感じで、支柱を基準に葉っぱやつるの様子を観察させます。

葉っぱは下から2段目まで生えてる、縦の支柱より横にはみ出している、つるは3段目まで伸びているなど、ここでも支柱が大活躍です。

(5)色を塗る

お好きなように♡

(6)作文する

この時、お母さん、お父さんが主語だけ決めてあげましょう。(カッコ)の中は声がけです。

  • 葉っぱは、(どうなってる?)
  • つるは、(どうなってる?)
  • お花は、(どうなってる?)

どうなっているか、の部分は、子どもの好きに書かせます。合っているかどうかについて、親はコメントしない!だって作文ですから。子どもの考えを聞いてあげましょう♡

この時ひとつだけお約束をします。「同じ言葉は使わない」

今回は、「いっぱい葉っぱがある」「いっぱい伸びてる」「いっぱい咲くといい」みたいに、“いっぱい”を何度も口にしていたので、「いっぱい、は1回使ったから違う言葉にしよっか」と声をかけました。

そして最後に、「今日のあさがおをみてどう思った?」と子どもの感想を聞きます。これも自由な発想を大事にしてください♡

こうして出来上がったのが、こちらの観察日記です。

きれいなはっぱがいっぱいあります。つるがのびてかわいいです。おはなはさきません。だからえいようがはいっている水をあげました。あさがおが100こさくといいです。

素晴らしい~~♡♡♡

いや、いたって普通なんですが、字も絵も下手なんですが、ちゃんと“観察日記”になっています♡

誘導している?いいえ、これは作文を書くに当たってのテクニックです。着眼点のヒントを与えて、子どもの考えを引き出してあげるのです。

どうやって書けばいいか、書かせればいいかわかんない~!というお母さん、お父さんの、何かしらヒントになれば嬉しいです。共に夏休みの宿題を乗り切りましょう!!

 


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (3)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (7)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP