ママのためのフォニックスレッスン

満員御礼
9月クラスのレッスン内容詳細は、こちらをご覧ください

 

✅発音コンプレックスをなくしたい!
✅子どもに英語の絵本を読んであげたい!
✅今までとは違うアプローチで、英語を学んでみたい!

そんなお母さんのためのフォニックスレッスン。
イギリスの小学校で使われているJolly Phonics(ジョリーフォニックス)の教材を使って、英語の音と綴りのルールを学んでみませんか?

フォニックスって?

私たち親世代は、ABCをエービーシーと習うところから英語に触れた人が多いと思います。
たとえば初めて出会う単語を、this=ティーエイチアイエスと“丸暗記”して、this=ディスと“ローマ字読み”をヒントにしながら、無理やり単語を覚えた記憶はありませんか?

ABCをエービーシーとアルファベット読み出来ても、英単語を読むことは出来ません。appleはエーピーピーエルイーではなく、アプルと読むからです(実際にはカタカナでは書けない音です)。

aはア、bはブ、cはクと読むのがフォニックス読み。フォニックス読みを学べば、英単語の7割はルールに則って読めるようになるといわれています。

なぜママが学ぶの?

英語の音と綴りの規則性(ルール)がフォニックスです。英語圏の子どもたちは、6歳くらいから学校で学びます。

日本の子どもたちがひらがな(五十音)を学ぶように、英語圏の子どもたちはフォニックスを学ぶことで、読み書きの基礎力をつけていきます。

私は、このフォニックスを大人、特に子どもと接する時間の多いお母さんに学んでほしいのです。

なぜなら、お母さんの発する音を、子どもはとっても上手に真似することが出来るから。大好きなお母さんが楽しんでいることは、子どももとっても楽しめるからです。

日本語がしっかり確立したあとに、英語の音を学んでも、習得するには努力が必要になりますし、努力だけでは越えられない壁もあります。特に日本語にはない音は、聞き取りが難しいし、聞き取れない音は発するのも難しくなります。

舌がまだやわらかい0~3歳くらいまでに、英語の音をたくさん聞いて口にすることで、日本語にはない英語の音を習得しやすい土壌が作られます。

乳幼児期に月に2回とか、週に1回、30分~40分の英語のレッスンを受けたところで、この音(耳と舌)のチカラは身に付きません。

でも、乳幼児期だからこそ、一番近くにいるお母さんが学ぶことで、英語の音をたくさん聞かせてあげることが出来るんです!こればっかりは、どんな英語講師にも出来ないことなんですよ!

レッスンで何を学べるの?

(1)42個の音
日本語は子音と母音をセットにして発音する言語です。ローマ字を見ると一目瞭然。たとえば「さしすせそ」は「sa・si・su・se・so」と書きますよね。「s」だけで発音することはほぼありません。

それに対し英語は、“子音のみ”の音がたくさんあります。まずはこれを練習することで、カタカナ英語を抜け出すことができますよ!

母音も、日本語はあいうえおの5つのみですが、英語は17~21個以上あると言われています。20個くらいある母音を、日本人は5つの音だけで表現しようとするから…そりゃぁ発音が上手くできなくて苦手意識を持ってしまいますよね。

ママのためのフォニックスレッスンでは、まずは、英語の42個の音を学びます。口の開け方、舌の位置、息の吐き方など1つ1つ丁寧に確認していきますよ!

(2)ブレンディング(音を組み合わせて読む練習)
pはプ、eはエ、nはン、という音を学んだあとは、それらを組み合わせてpenペンと読む練習をします。(実際はカタカナでは書けない音です)

このように音を組み合わせて単語にすることをブレンディングというのですが、このブレンディングも、日本人独特のクセがあるんです!そのクセに気づき英語らしいアクセントを知ることで、同じペンでもpenとペンは違う!ということを体感していただけますよ♡

(3)おうちでの遊びに取り入れるアイディア
たとえばお子さんがミニカーで遊んでいたら、「ぶーぶーだね~」ではなく「vvvvv~」と擬音語を英語の音にする。太鼓で遊んでいたら「ドンドンドン」ではなく「d、d、d」とこれまた英語の音で表現する…などなど、実際にお子さんとの遊びの中に、どんな風にフォニックスを混ぜられるか、様々なアイディアを紹介します。
英語の音を活かした手作りおもちゃも紹介しますし、たまにみんなで作ったりもします♪

(4)英語の絵本を自信を持って読んであげられる
幼児向けの英語の絵本なら、文も短いし単語も簡単だし、英語が苦手なお母さんでもがんばれば読んであげられる…とは思うのですが、多くのお母さんが「私の発音でいいのかしら?」「この読み方であってるのかしら?」と不安を抱きながら読まれています。
発音の基本と、フォニックスを学ぶことで、そういう不安が激減しますよ♡文章が簡単な乳幼児向けの絵本だからこそ、英語が苦手なお母さんでも自信をもって読んであげられるようになります。

当教室のレッスンは、「英語が苦手だったけれど、発音を矯正して、子どもに英語の絵本を読んであげたい!」というお母さんのためのフォニックスレッスンです。メインはJolly Phonicsの教材を使用しますが、必要に応じて様々な教材や、手作り教材なども紹介していきます。


担当講師: 渡邊いくみ

・Jolly Phonics Training Workshop Foundation Course修了
・Jolly Phonics Training Workshop Practical Course修了
・Jolly Grammar 1 Training Workshop修了
・Jolly Grammar 2 Training 修了
・Jolly Music Workshop

大人対象のレッスンですが、お子さま連れでもご参加いただけます。お子さんの年齢が近いので、子育て話にも花が咲きますよ!

 

※お願い※

ママのためのフォニックスレッスンは、お母さん自身がフォニックスを学び、発音や単語の読みのルールを学ぶためのレッスンです。お子さんにJolly Phonicsを教えるためのレッスンではありませんので、その点をご理解いただければと思います。「自分で子どもにJolly Phonicsを教えたいな♪」と思われる方は、公式トレーナーによる公式のトレーニングにご参加いただいて、Jolly Phonicsの指導法を学んでくださいね。
≫ 日本で開催される公式トレーニングのスケジュールと内容はこちら
≫ 日本でトレーニングを開催している公式トレーナーさんの情報はこちら

 

受講生のご感想

1つずつの文字に音があり、それを意識して読むようになった。きちんと1音1音学べたことで、よりキレイな発音になってきたと思う。英語の見方、関わり方、意識が変わった。
なんとなく話していた英語だったけれど、より音を意識して発音できると楽しいし、もっと英語が好きになりました。
まだまだ練習は必要だけど、英語を話す時、読む時、見る時の意識ががらっと変わりました。

 

英語を見ると、すぐ発音してみたくなった。発音をする時に、舌の位置や口の形を意識するようになった。
今まで英語の発音はカタカナ英語で、カタコトにしか話せないレベルだったけど、これからは発音を意識してカタカナ英語ではない英語を話せるようになれると感じました。カタカナ英語を脱却したい方にオススメです。

 

英単語に注目するようになりました。いくみさんが言ってたように、自転車にのりながら発音練習したりしています。
今まで教わってない口の動き、正しい発音が分かり、驚きばかりでした。毎回楽しく覚えられました。英語っておもしろいなぁと思いました!ジョリーフォニックスに出会えて本当に良かったです。

 

カタカナ英語にならないように意識するようになりました。
ブレンディングするとうまく発音できなくなってしまうので、うまく発音できるように練習したいと思いました。文章になるとさらにできなくなってしまうし、子どもに絵本を読んであげたいので、英語絵本の読み方も学びたいなと思いました。
今まで学校で習った方法とは異なるアプローチで教えてもらえるので、オススメです。

 

いろんな小道具や手作りアイテムを使って、日本語にはない音を出せるように練習します。レッスンはいつも笑いが絶えません♪

 

ママのためのフォニックスレッスン前編 全8回

◆対象:
・英語の音、読み書きの基礎を学びたい大人の方
・特に、発音をよくしたい方

◆使用教材:
Jolly Phonics Student Book1(購入は任意です)

◆日時: 9月スタートクラス(全6回)の詳細はこちらに掲載しています。
9月クラスは、このページに掲載しているレッスン内容とは少し異なります。

◆場所: 埼玉県川口市 または オンライン

◆料金: 18,500円(全8回、銀行振り込みにて前払い:分割払いはご相談ください)
おさらい受講 1レッスン 1,500円(都度払い)

◆内容: 全8回
第1回 フォニックスとJolly Phonicsのお話(フォニックスとはなにか、Jolly Phonicsの特徴についてお話しいたします)
第2~8回 各回6つの音(全部で42音)を学びます。

1回のレッスンは60分くらいです。前半で6つの文字の音を学びます。口の開け方、舌の位置、息の吐き方等々、お一人ずつ音を確認し、直せるところをアドバイスします。音を学んだら、それらを組み合わせて単語を読んでいきます(ブレンディング)。時間がある時は、聞き取りの練習もします。
後半は絵本やアプリの紹介をしたり、音読の練習をしたりします。

ママのためのフォニックスレッスン後編 全6回

◆対象:
・単語の読み書きのルールの基礎を学びたい大人の方
・Jolly Phonicsの42音を学んだ方

◆使用教材:
Jolly Phonics Student Book2Student Book 3(購入は任意です)
Jolly Phonics以外のフォニックス教材も使用する場合があります

◆日時: 2018年秋開講予定

◆場所: 埼玉県川口市(詳細は参加者にお知らせします)

◆料金: 13,500円(全6回、銀行振り込みにて前払い)
おさらい受講 1レッスン1,500円(都度払い)

◆内容: 全6回
1回のレッスンは60分くらいです。同音異綴(音は同じだけれど綴りが違う)や、Tricky Words(フォニックスのルールに当てはまらない単語)、Magic E、Soft Cなどなど、英単語の綴りのルールについて詳しく学びます。レッスンはJolly PhonicsのPupil Book2と3に準じて進めますが、大人向けのレッスンなので、要点のみまとめて学びます。Jolly Phonics以外の教材を使うこともあります。

不定期開催 クラフト会

HIMAWARI -英語と育児の親子教室-は、未就園のお子さんがいるお母さんを対象とした活動をしています。

ママのためのフォニックスレッスンは、お母さん自身がフォニックスを学ぶためのものですが、同時に、お子さんのために英語の環境を用意したい方もたくさんいらっしゃいます。そんなお母さんたちを対象に、子ども向けの英語のおもちゃを作る会を、不定期で開催しています。

将来的に、子どももJolly Phonicsを使ったレッスンに参加させたいな、と思っている方も多いので、手作りおもちゃも、Jolly Phonicsを意識して作っています。

直接Jolly Phonicsを教えるための教材ではありませんが、読み書きを学ぶもっともっと前から、英語の音に親しむためにおすすめの手作りおもちゃです。

image
クラフト会は、いつも女子高の文化祭みたいです。モノ作りも楽しいし、ママ同士のおしゃべりも楽しい。はじめましての人も、普通に馴染んでいるのが、クラフト会の魅力です♡

◆対象:
・ママのためのフォニックスレッスンに参加している方
・レッスンの修了生

◆内容:
サイコロやカードを作ったりします。その時によっていろいろです。

◆日時: 不定期開催

◆参加費: 参加人数と作るものによります、材料費が別途かかる場合もあります。

 


【重要】 英語講師のみなさまへ
レッスンの受講を希望される前に、こちらを必ずお読みくださいますよう、お願い申し上げます。
≫ 英語講師のみなさまへのお願い


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (4)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (0)



スケジュール・空き状況はこちら 

 


↑ PAGE TOP