8月7~16日はHIMAWARI夏休み

まずはおうちにある“調味料”を見てみよう!

 

いくみさん、健康に気をつかっていますよね~!

と最近よく言われるようになりましたが、正確に言うと、気をつかわざるを得なくなったんです😅

30代半ばまでは、本当に無頓着で、買い物をするときの基準は“安さ”“見た目の良さ”でした。つまり、値段と表向きのパッケージしか見ていなかった。

企業が発信するイメージ戦略まんまとのっけられて来たんですねぇ…。

でも、アレルギーを発症するようになり、私の生活は変わりました。物を見る目が変わりました。

自由気ままな独り者だったら、ここまで変わらなかったかもしれない。3人の子どもたちがいるから…子どもたちを守らなければ、子どもの未来を…、せめて丈夫な体に育ててあげなければ!と思ったので、世の中に売っているものを見る目が変わりました。

 

見る目が変わったら。

まずはパッケージを見る目が変わりました。あえて強い言葉で言いますが、表のパッケージは嘘ばっかり書いてあります。

見るべきは、内容物・原材料の部分です。(たまに内容物にも嘘書いてあったりしますが、そこまでは個人で関知できるレベルじゃないので、妥協する部分もあります(苦笑))

裏を見て、想像がつかない物質が書いてあったら、それは基本的に体に摂り入れない方がよいものです。一般家庭の台所に置いていないようなカタカナの羅列、漢字の羅列、意味の分からないものは、やめた方がいい。

 

慣れてくるとね、どれがどういう物質で、どういう悪影響があるか、ということもわかるようになってきますが、いきなりそこまでしなくてもいいと思うのです。

みなさん!
醤油って何で出来ているか知っていますか??醤油の原材料はなんでしょう???

大豆、小麦、塩、です。小麦が使われていないものもありますが、基本はこの3つ。

おうちにある醤油の原材料をみてみてください。もしこれ以外のものが入っていたら、それは醤油ではなく、醤油のようなもの、です。

脱脂加工大豆、調味料、アミノ酸等、カラメル色素、甘味料、ビタミンB1、アルコール、酵母エキス、保存料、酸味料、醸造酢、ぶどう糖、○○エキス…

こういうものが入っていたら、それは醤油ではなく、醤油のようなもの、です。なんかのカスに人工的なエキスを入れて、人工的に味と色をつけて、薬で賞味期限をもたせるようにした、醤油のようなもの、です。

 

最近、この○○のようなもの、という表現が気に入っています(笑)そこらへんの店には、○○のようなもの、がたくさん売られています。

 

みなさん、塩はどうですか?ご家庭の塩の原材料を見てみてください。

塩の原材料は、海水です。色々な製法がありますが、そこのこだわりはいったん置いといて。まずは原材料のみチェックしてみてください。

海水以外のものが書いてあったら、それは塩ではなく、塩のようなもの、です。

塩化カリウム、リン酸三カルシウム、クエン酸、酵母エキス、グルタミン酸ナトリウム、硫酸マグネシウム、調味料、アミノ酸等

とか、なんかよくわからないものが入っている場合、それは塩ではなく、塩のようなものです。

 

他にもね。

味噌のようなもの。みりんのようなもの。酢のようなもの。酒のようなもの。

○○のようなものが、本当に世の中にはあふれています。

 

そんなの気にしない~!っていう人もいるかもしれないですが…。そういう人はそれでいいです。そういう人に色々いう気はないので😋

私は、まずは、「え?ちょっと気になるかも!」と思う人に、私が知っていることをお伝えしたいと思います。私もここ数年知り始めたばかりだし、何が正しくて何が間違っているのかの判断って、最終的には自分の体で判断するしかないと思っていますが…。

ちょっとだけ。ちょっとだけね、考えるヒントをお伝えできればと思います。

お子さんにアレルギーがある人、アレルギーという自覚のないままに、花粉症とか生理痛とか片頭痛とか持病があって当たり前と思っている人。甘いものがやめられない人、必要以上に食べちゃう人…そういう心になんかちょっとでも、「あれ?もしかして…」と思い当たる節がある人には特に、モノを見る視点のひとつを紹介できたらと思います。

 

まずは調味料から!

調味料は日々使うものですからね。1回で使う量は少ないかもしれないけれど、日々コツコツ体に摂り入れているものですから。

何かを変えよう!と思ったら、調味料から変えてみてください。塩、しょうゆ、砂糖、味噌、そういう基本的なものから。次にマヨネーズ、ケチャップ、ソース、ドレッシングなど加工されたものを。←私はそもそも加工食品をそんなに使いませんが…。

 

そうは言ってもいいものって高いでしょぉ!という人もいるかもしれませんが…。高いのには高いなりの、安いのには安いなりの理由があります。

安い理由は明白で。本物じゃなくて、○○のようなもの、だからです。

だから今度から安さを基準に買い物するときは、「あ~、しょうゆ欲しいけど…安いからしょうゆのようなものにしよ♪」と思って買ってください♡

そんなんヤダわー!!!と思ったら、ぜひちょっとだけお金をプラスして、いいものを買ってください。

高いと言っても、そんな手が届かないようなクラクラするような高さじゃなくていいんですよ。数十円、数百円プラスするだけで、いいものはたくさんあります♡

スーパーにそういうものがあまり置いてないから今まで知らなかった、気づかなかっただけで、目線を変えればいいものは本当にたくさんあります!

まずは知ろうとすること、それが大事かな。

高いからいいものとは限らないですしね。◇◇賞受賞とか、□□が厳選して選んだ特級品、とかパッケージに書いてあっても、原材料をみたら○○のようなものだった。なんてこと、よくあります。

あと、表のパッケージに「無添加」とか書いてあっても、原材料みたら無添加じゃないなんてしょっちゅうあります。無添加というのは「何も入っていない」という意味ではなくて「特定の何かが無添加」という意味だったりします。だから、保存料は無添加だけど、人工甘味料や化学調味料たっぷり…なんてことも多々あります。パンとかお菓子とか要注意です。

ほんと、ブランド名やパッケージに騙されない目をもつことが大事です。

 

こういう目線を持つと、最初はゾッとすると思います。今まで自分が食べていたものは一体なんだったんだ??!って思うと思います。

スーパーで手に取るもの手に取るものが怖くって、買う気が失せ、世の中に買えるものはないと感じてしまうかもしれません。

 

でも、そんなことはないから大丈夫です♡

ゾッとしたその先に、快適なものが待っていますから♡

そっか、こういう風にモノを選べばいいのね~♪ってわかるようになると、意外とコンビニとかでも、化学調味料を使っていない素朴なおかしが存在していることに気付いたりします。

そういうのをみつけるのが楽しくなってきますよ♡

この領域まで来たら、ぜひ私と情報交換して盛り上がりましょう(笑)←こうしてヲタク化していきます。こだわりはじめると止まらない、それが私。

 

ではでは、またー♡

今度はなんの話をしようかな?リクエストがあれば、お答えしまーす!(コメント欄はこのページのずっと下の方、関連記事の下にあります!)

 

みんなとおしゃべり

  1. 右近夫佐 より:

    読みました〜!
    最近、ちょっと足をツッコみ始めたせかいだから、すごく興味があります、!

    次は洗剤でお願いします♡なんて〜

    • 渡邊いくみ 渡邊いくみ より:

      ふささん、コメントありがとうございます~!
      興味あると言われると、ヤル気がでます(笑)

      洗剤、そのうち書きますね~!

      と思ったのですが、前にこんな記事書いてました。
      https://himawarioyako.com/diary/20190714

      参考になりますか~??

      • 右近夫佐 より:

        もちろん、既読ですよ〜!!
        すごく参考になったんですが、例えば洗濯の時のオススメ調合とか。笑
        自分で試せ!って話なんですが、そこが面倒でマグちゃんから先に進めないのです〜。

        • 渡邊いくみ 渡邊いくみ より:

          調合は奥が深くて、一言では語れないんですよねぇ(苦笑)
          家族構成に寄るし、性別に寄るし。
          うちは私以外4人男、夫は職人、長男次男は野球少年…使う洗剤もハードなのです(笑)

          基本的なことは、私は本橋先生のナチュラルクリーニング講座で学びました。
          本当の意味で「洗濯を科学する」ので、おすすめです!受ける価値ありありです!!自分だけの調合も、理屈がわかれば出来るようになりますよ♡
          https://ameblo.jp/naturalcleaning/

  2. Acko より:

    うちの醤油チェックしてきました!大豆、小麦、塩でした( ☆∀☆)

    • 渡邊いくみ 渡邊いくみ より:

      よかった~♡
      その他のものもぜひチェックを!うちは、夫が買ってくるものは「○○のようなもの」ばかりです…チーン。

タイトルとURLをコピーしました