8月7~16日はHIMAWARI夏休み

英語で声がけは無理!って思ってませんか?それある意味、正解♡

私は多分、英語で生活するのに困らないくらいの英語力はありますし、海外旅行に一人で言っても英語が通じる範囲なら言葉の面では多分何も困らないし、今は全然しゃべれない(しゃべらない)けど、現地に行ってしまえば、多分大学の授業とかも受けられると思います。

現地に行けばね(笑)今は、外国人にそこら辺で道を聞かれても、挙動不審で「Oh, yes!」とかしか言えない自信あります!!(だから私に英会話指導は求めないでっ!w)

 

自分で言うのもなんですが、英語講師をしていて、↑こんな感じの自己評価をブログとかにさらしちゃう私でさえ、生活圏内に日本人しかいない日本語だけで生きている環境で、英語で子どもたちと接するなんて…

はっきり言って、ほぼ無理

なんです。言い切るのもどうかと思うけど。

ありあまる情熱心の底からあふれ出る希望がないと、英語で声がけって本当に難しいと思う!!!!

これまで多分、延べ1万3000人を超える人たちに英語を教えてきていますが(ホントのべなんで、人間の数で言ったらそんなにいませんが笑)、英語で声がけのレッスンをして、その内容を100%活かせてます!英語で声がけ役立っています!っていう人…

どれだけいるのだろうか…

多分ね、レッスンを受けているその瞬間は「へぇ!」「そんな風に言うんだ!」「おもしろーい!」ってなるんですけどね。

学んだことのいくつかは「やってみよう!」ってなるし、しばらくの間は実際にやってると思うんですけどね。

 

それ、定着してる?

3年後も使ってる?

小さい時の英語での声がけ、大きくなったお子さんに役立ってる???

とかつっこんじゃうと、

ヒーーーー

ってなっちゃう。

少なくとも、私はなっちゃう。私はほぼ出来てない。ゼロじゃないけど。おうち英語でうちの子ペラペラになりました!なんて絶対口が裂けても言えない…。

 

多少英語が出来る私でさえ、そう。英語が苦手なママが、果たして私以上に生活の中に英語を入れられるだろうか??

と考えると。

熱心なママは出来てます。多分、熱心だから私より英語の時間を熱心に作ってるはず。本気で熱心な人は、ママの英語力関係なく、きっと上手くいってる。

けど、平均的なママは??

多分、難しいんじゃないかなぁ…。

 

みなさんのおうちでの様子は私にはわからないから、絶対そうだ!なんて言えないけれど。

でも、「英語で声がけ、難しいですぅ😥」ってママたちに相談されたら

ですよね、いいですよ、声がけしなくて。

って、私なら言っちゃいます。

 

出来る人はやればいいし、やりたい人もやればいい。出来る範囲で取り組むのはとてもいいこと♡

けど、無理だな、難しいな、そこまでやりたいと思えないな…というママたちに、「頑張って続けていれば結果が出ますよ!」とは、とてもじゃないけど、言えない。それは無理!情熱と希望がない人には無理なんですよ。

 

2012年から親子英語レッスンをしていますが、私は今まで一度も「英語で声がけ頑張りましょう!」とは言ってないし、書いてないはず。

だって、そこに力入れた方がいいとは思ってないから。

声がけは「知りたい!」という需要があれば紹介していましたが(今もクラスによってはしてますが)、0~3歳のお子さんがいるママたちには、そこまで推してはないです。

過去のレッスンで、色々紹介してきましたが、今思えば、紹介で終わっちゃってたな…。私自身が、紹介したフレーズを今使えてないですもん(苦笑)言われたらわかるし、思い出せば使うけど。そもそもなかなか思い出さない…。

※過去のレッスンに意味がなかったってことではないですよ、念のため。会話フレーズだけをやってたわけじゃないし。当時は今とは大事にしたいものが違っていただけです。当時は、まずは親子で英語の時間を作ること!を軸にしていて。発音の質を軸にはしてなかった、というだけです。

 

英語が苦手なママが、

私の発音でいいのかな?とか

あれ?こういうときなんていうんだっけ?とか

迷いながら無理に英語で声がけするくらいなら。

 

1冊の本を、超いい発音で何度も読んであげた方がいいと思う!

1つのお歌を、超いい発音で、何度も歌ってあげた方がいいと思う!!

中途半端な声がけするくらいだったら、「これは絶対大丈夫♡」と思える絵本や歌を、何度も何度も、ママも子どもも暗記するまで繰り返した方が、ぜーーーーーったいにイイ!!!!

 

ここでポイントになるのが、いい発音で、ってところです。

変な発音で何度も何度も繰り返したら、変な発音が定着します。

変な発音がしみ込んで、それが子どもの英語の土台になります…。

変なリズムで何度も何度も繰り返したら、それが子どもにとっての“普通”になっちゃいます。

 

 

だからね!!!

お子さんが小さければ小さいほど、お母さんが発音とかリズムとかを知っておく必要があるんです。

 

100冊の絵本を変な発音で読むより、1冊の絵本を超いい発音で100回読んだ方がいい。

先日私の練習方法を書きましたが、英語はとにかく反復練習が大事。

1つのフレーズ、1つの歌、1冊の絵本、最低でも100回は練習しないと上手くなりません。

≫ 関連記事: どれくらい練習したら、英語の発音が上手になりますか?

 

100回、変な発音で練習したら、100回分変な発音がしみ込みます。

100回、いい発音で練習したら、100回分のいい発音がしみ込みます。

 

種類をたくさん取り込むよりも、質のいいものを繰り返し取り込んだ方が、ぜーーーったいに、後に残ります。

数年後、お子さんが英語を“教科”として学び始めた時にも、必ず役に立ちます。

 

だから。

どうせやるなら、ふわっとサラッと表面的なことだけたくさんやるんじゃなくて。

私、これなら完璧!!

と思えるものを、少しずつ増やしていく方がいいです。

 

となるとね。

“発音力を定着させる”という目線になると、親子英語を教えてもらう講師を選ぶ基準が定まってきませんか?

やっぱり発音が上手な先生がいいし、ただ上手なだけじゃなくて、上手に教えてくれる先生の方が、絶対にいいです。

ここでミソとなるのが、先生が発音上手=教え方が上手ではない、ということです。

それだったらネイティブスピーカーのレッスンを受ければいいことになるじゃないですか。

でも、ただネイティブスピーカーのレッスンを受けてるだけでは、発音はよくならないんですよね。もちろん、よくなる人もいるけれど、がっつり日本語がしみこんでる人は、耳で聞いただけでは発音は上達しにくいです。

 

発音は、母音や子音がちゃんと言える、っていうだけではありません。音の変化や体の使い方、呼吸法から知っていないと、本当の意味で“発音を教える&発音を学ぶ”とは言い難いんですよね。。。

なので、専門的に発音指導のことを学んだ人じゃないと、発音を教えることは難しいんです。。。

(全国の先生たち、頑張ろう!一緒に頑張ろう!発音指導出来るようになったら、レッスンのクオリティ上がるし、ママや子どもたちに残るものも多くなりますよ!!!)

 

せっかく親子で英語を楽しむなら。

まずは発音から学びましょう!

同じ言葉でも、発音が変わればその価値は大きく変わります。みなさんはどっちがいいですか?👇

発音はね、英語力関係ないの。文法力も、語彙力も関係ない。練習すれば(練習の仕方がわかれば)誰でも上手になるの。ある程度までは。

練習するかどうか、だけの差だから。だから英語が苦手なママはまず発音から勉強したらいいんですよ。英語力はあとからついてきます。

 

 

将来の英語力につながる親子英語を今楽しみたいなら。

まずは、歌と絵本を繰り返していい発音で!

そのうえで、余力がある人や、英語で声がけをしたい人は、声がけフレーズをどんどん増やしましょう。いい発音で!

 

英語が苦手な人ほど、発音を丁寧に。同じ絵本&歌を繰り返す。

これが親子英語の、そして子どもの英語力の土台作りになるから。自信をもって、同じものを繰り返してくださいね!!

 

発音に自信がない人は、私が教えます。本気で発音をよくしたい人、お待ちしてますよ♡

【9月スタートクラス募集中】英語絵本とマザーグースでママの発音バッチリ矯正!親子英語レッスン
ジョリーフォニックス、マザーグース、英語絵本、英語手遊びを通して、ママの発音力をUPさせませんか?おうちでの親子英語の時間を作りたい英語苦手ママのためのレッスンです。

 

本気で発音指導したい先生も、お待ちしています♡ どんな教材を使っていても、発音指導の知識が増えたら、レッスン内容の濃さが変わりますよ!

【11月クラス受講生募集中】先生のための発音指導法講座
生徒に英語を教えなければいけないのに、発音に自信がない!自分では発音出来るけれどわかりやすい教え方がわからない!そんな先生のための、発音指導法を学べる講座です。小学校の先生、英語教室の先生向けの、すぐに使えるノウハウを学べます。

 

 

みんなとおしゃべり

タイトルとURLをコピーしました