Tomorrow is another day.

ハロウィーン 英語 ゲーム&アクティビティ紹介 ーBINGO、Who took a candy? 他ー

ハロウィーンフラッシュカード、ミニカードを使ったアクティビティを紹介します!

私は絵本をベースにレッスン内容を構成することが多いんです♪
今回のゲームに使っているカードは、ハロウィーンの定番英語絵本「Boo Who?」に出てくるキャラクターを使っています。

 

 

BINGOゲーム

(1)ビンゴシートとハロウィーンキャラクターミニカードを用意します。
≫ フリーのおすすめサイトはこちら!

(2)カードを置く指示をする人を、一人決めます(ママでもいいし、お子さんでもいいです。できる場合はぜひお子さんに!)。

(3)指示する人が「Please take a ~」と言ったらカードをとり、「Please put a ~」と言ったらカードをシートの好きな位置に置きます。

(4)9枚カードを置いたらBINGOゲームスタート。一人が「Where is a~?」でキャラクターを指定し、みつけたら「I found it!」でカードを裏返します。

(5)6枚裏返したら1回戦終了。How many BINGOs?でビンゴの数を数えます。

(6)数え終わったら、残った3枚のカードも裏返しにします。そして「Where is a~?」で言われたキャラクターを表に返していきます。
この時、合っていれば「I found it!」で、合っていなければ「Oh no!」等、リアクションしましょう。カードをめくるのは1回の指示につき1回だけです。

(7)6回キャラクターを言ったら、2回戦終了です。How many BINGOs?でビンゴの数を数えます。

(8)1回戦と2回戦のBINGOの数を足して、多かった人の勝ちです。

※BBカード、基本のビンゴのルールを参考にしています

 

Who took a candy?

元の歌はこちらです~♪

Who Took The Candy? | Halloween Song | Super Simple Songs

音楽に合わせてだとちょっと早口だし、アレンジしにくいので、アカペラで歌っています♪
こちらのゲームは、BUBS☆STARのAcko先生にヒントをいただきました♡

(1)10枚のフラッシュカードと、3~5枚のキャンディカードを用意します。
≫ フリーのおすすめサイトはこちら!

(2)子どもたちは目をつぶり、見えないようにして、カードの下にキャンディを隠します。

(3)Who took a candy?を歌いながら、キャンディを隠しているキャラクターを当てに行きます。

↑ゆっくりやってみた動画です♪

レッスンでやるとこうなります↓

↑この動画では、先生対子どもたち、になっていますが、もっと慣れてきたら、使うカードとキャンディの数を増やし、子どもたちを2チームにわけて、キャンディ争奪戦をすると盛り上がります♡

 

What’s This Game

上記のゲームをする前に、単語をまずはインプットしたいときは、シンプルにWhat’s This Gameもおすすめです!

What’s this game halloween version

 

カード販売中♪

この記事に出てくるカードは、オンラインショップで購入できます♡

≫ こちらで販売中です

 

ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (6)
  • うんうん (2)
  • やってみます! (3)



スケジュール・空き状況はこちら
LINE@に登録する
タイトルとURLをコピーしました