親子英語で大事なことは…トラップ!

私がいろんなレッスンを通して、いっちばん伝えたいこと。

子どもに結果を期待しない。

これ、英語育児の鉄則です。

強いて言うならば、子育ての鉄則かも。

乳幼児期から英語を始めるのは、子どもに英語が出来るようになって欲しいとか、英語で苦労させたくないとか、そういう、親の期待や願いがあるから…ですよね。

そういった気持ちを抱くことは悪いことではないですよ、もちろん。

ただ、期待ありき、だと、がっかりしますよ(笑)

私(ママ)がやりたいからやっている!というスタンスが大事だと思います。

例えば、子どもと一緒に英語で遊びたい~♪って思いながら、手作りおもちゃを作りますよね。

でも、思ったように子どもがそれで遊ばなかった。遊ばないどころか、いきなり壊してしまった!

キーーーーッ!もうやだっ!やっぱりうちの子には無理だった!うちの子には早過ぎた!!!

↑ってなるのは、ちょっと違うと思うんです。

親のねらい通りになんて、ならないですよ。おもちゃだって、壊されて当たり前。

んじゃ、なんでおもちゃを用意するのかって?

それは、長い目で見たトラップだから♡

家の中に英語がゼロだったら、いつまでたっても、子どもの中の英語はゼロです。当たり前ですけど。

でも、英語のおもちゃが1つあれば、いつか、子どもはその存在に気付きます。

それがいつか、はわかりません。でも、あればいつか、“何か”の形でひっかかります。

そういう、トラップをたくさん用意すればするほど、子どもの中に、“何か”が蓄えられていきます。その“何か”が、いつどういう形で繋がるかは、親にはわからないことです。

子ども自身が気付くことだから。
子ども自身が気付かないと、意味がないから。

親に出来ることって、そういうトラップをたくさん用意することだと思います。

壁にポスターを貼っておく。
本棚に英語の絵本がある。
BGMは英語の歌。
テレビから出てくる音は英語。
おもちゃに書いてある文字がアルファベット。
さらっと英語で声掛けする。

そうやって日常的に、目に触れる場所、手に持てるもの、耳に入る音…たくさんトラップがあれば、それだけ子どもは引っかかりやすくなる。

子どもが引っかかった時に、きちんと説明出来るように、きちんと次の段階に進ませてあげられるように、親はしっかり準備をしておく。

↑ここが大事です。

親子英語レッスンで遊び方を学んだり、大人がフォニックスを学んだりするのは、いつか子どもが引っかかった時に、お母さんがちゃんと対応できるようにするため、です。

お母さんがレッスンで学んだことを、今すぐ子どもにやらせるため、ではないんです。

その時子どもが出来ないからと言って、うちの子にはまだ無理、と親が決めるものでもありません。出来るかどうかは、誰にもわからないですよ。

出来ないから、と親が決めてしまって、環境=トラップを用意しなければ、いつまでも出来ないのは当たり前です。

だって、出来るようになるきっかけがないんですもの。

ひっかかるものも、無意識に蓄積されるものもない状態では、いつまでたっても出来ないのは当たり前!

だから、お母さんがやりたい!と思ったことは、すぐやっていいんです。子どもがそれをすぐに出来なかったとしてもいいんです。

だって、お母さんがやりたくて、やってるんだから。

そして、それは、トラップのひとつだから。いつか、何かの形で、繋がるときがきます!

ま、お金と時間をかけてるんだから、子どもには結果を出してほしいと思いますけどね(笑)私ももちろん、それは思いますよ。

でも、それは思うにとどめて。子どもにその気持ちを悟られないようにするのが、親のチカラの 見・せ・ど・こ・ろ♡

子どもにばれないように、トラップをいっぱいしかけて、

僕は自然と英語が出来るようになってた!
私は生まれた時から英語が好きなの♡

と、いつか子どもに言わせたら、親の勝ち(笑)

子どもが大人になった時、実はね、あなたはママのトラップに見事にはまったのよ、ふふふ♡と、話してあげましょ♪
(いや、話さなくてもいいんですけど笑)

子どもと英語で遊ぶためのアイディアを知りたい方は…
≫ 親子英語レッスン

子どもにキレイな発音を身に着けさせたい方は…
≫ 大人のフォニックスレッスン

 

お母さんの目的に合わせて、ご参加くださいね!


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (8)
  • うんうん (3)
  • やってみます! (2)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP