10月からちゃんとブログ書きます

オーストラリア親子留学 キャンセル物語

えー…

普段やらないことをやろうとすると、想像もしえないことが起こるというお話しです。

 

英語講師なのに英語が特に好きでもなく、海外文化に興味があるでもなく、出不精で、外国人と話すのが苦手(いえ、日本人であっても知らない人と話すのは苦手)っていう私がですね。

一念発起して、オーストラリア親子留学を決めたのは、2020年の始めでした。

Give a chance, give a hint. 20年前のメモと【親子留学物語】
探し物をしていたら、学生時代のメモが出てきました。20年以上前のものです。 教育とは何か。 どんな問題について考える...
オーストラリア往復航空券をとるの巻【親子留学物語】
前回のお話し「いくみんパスポートを取りにいくの巻」はこちらです。 親子留学HIMAWARI組、結成! さてさ...

あ、この☝記事の続き書いてなかった(笑)

今回の親子留学、最初で最後の家族旅行にするつもりで、夫も仕事を休んでみんなで行く予定だったんです。

でも、夫は英語出来ないし興味ないし、ホームステイする気も、向こうの学校のレッスンに参加する気もなかったので。

私とタロジロはホームステイして、夫とサブローはAirbnbで宿をとって、そこに2週間滞在する予定でした。

学校から徒歩圏内で。おふろもついてて、キッチンもついてる場所を選びました。

お友達を呼んでもOKって感じだったので、一緒に親子留学行くママたちと優雅にティータイムを満喫する会とかも出来るかな~なんて、結構ワクワクしてたんですけどね。

前金払った状態で、地球全体が鎖国となり。

 

はい、ここからキャンセル物語の始まりです。

 

オーストラリア、鎖国!

まずは、オーストラリアがロックダウン。判断早かったですねぇ。

でも、私はその時点でものんびりしてました。というか、私個人でどうこうできる問題じゃないし。流れに身を任せ、気をもむでもなく、期待するでもなく、事態を見守っておりました。

 

学校が受け入れ停止を決定!!

はい、ここからがちょっとドキドキの始まりです。

外国人が入国できないわけですから、当然、留学生斡旋業者は仕事がなくなりますよね。詳しくはわからないですが、倒産してしまったところもあるようで…。

私たちが行く予定だった学校も、割と早い段階で、今年は留学生を受け入れない、という判断をされました。

この時点での私の心境は…

「そっか~、まぁそうなるよね~、うんうん」

っていう、特にがっかりもしないし、安心もしないっていう。なんか「ですよね」っていう感じでした。

ただ、心のどこかで「直前でひっくりかえったりしないかな~」とはちょこっと思ってましたけど、もし行けることになったとしても、ちょっと手放しで喜んでいける感じではないですよね。

いずれにしろ、今年はナシかなって、この時点で割り切りました。

もしかしたら8月から外国人の入国を許可するかも!という情報というか推測もあったのですが…

それを聞いてからですよ、ちょっと焦りだしたのは!

 

飛行機、飛ぶの?飛ばないの??

今回私たちが飛行機のチケットをとったのはJetstar。

これがもう、全然HPが更新されなくてですね、最新情報が全然わからなかったのです。

 

一番最悪のパターンは…

学校は受け入れ停止→8月からオーストラリアに入国可能になる→しかし行き先がない→飛行機代がパァになる

というものでした。

 

もう、オーストラリア都合で飛行機が飛ばない!とならない限り、我々は飛行機代を丸々捨てることになってしまうのです。そういう格安チケットをとったから…。

飛行機が飛ぶか飛ばないか、オーストラリアが開国するかしないか、そこがはっきりするまでは、大きなギャンブルをしているような気分でした。

が、負ける気はしてなかったので(笑)

もし、開国したけど学校がない時はどうしようかな~なんてことを考えてました。2週間の家族旅行か??まぁ、それでもいっか。みたいな。

 

結局飛行機は飛ばなかったんだけど…

少々モヤモヤした数週間を過ごしたのち、オーストラリアは早くても9月から外国人を受け入れるとの発表があり(6月の時点で、です。今はまた変わったのかな…)

私たちの親子留学計画は終了しました。

で、ここからまたひと騒動ですよ。

果たしてJETSTARはちゃんと返金してくれるのか???

みんな、ライブチャットを通して返金手続きをしたのですが(そういえばみんなちゃんと返金されたかな?)。

私はWEBサイトの指示に従って、ポンポンポンっと進めていっちゃったんですよね。

そしたらですね、受け付けましたという画面も出ないし、メールも来ないし、予約状況を確認しても「あなたの予約はありません」としか出てこなくって。

私の43万円どこにいったのーーー???😱😰😰状態になりました。

LINEグループでみんなに状況を話し、「きっと大丈夫ですよ!」と励まされ(みなさんありがとう♡)…

まぁ、なるようにしかならないよね、ってことでしばし放置。

 

その間、予約していたAirbnbの宿を解約し(オーナーさん、イイ人で、向こうから日本の状況を心配してメールくれてました、夫宛に。夫、全然気づいてなかった…未読スルーしててごめんなさい)。

学校に払っていた前金を、みなさんに返金し。

 

モヤモヤしてた43万円の行方についても忘れかけたころ。

Jetstarからメールが来たのです。

 

あなたのチケット代43万円は、バウチャーに返金されました。12か月以内にご利用ください。

みたいなメールが!!!!

 

なんじゃそりゃーーー!!私は現金での返金を希望したのにーーーー!!!

※バウチャー=Jetstarの中だけで使えるポイントみたいなやつ。

 

来年オーストラリアに確実に行くならともかく、行けるかどうかもわからない状況で、バウチャーに返金されても!!!いらんわ!!!(いるけど)

 

と、どんな状況でも淡々と過ごしていた私が、だいぶこのメールには闘志を燃やしました。

ライブチャットで文句を言って、絶対に絶対に現金返金するまで、折れない!やりとりはすべて録画して、証拠ものこしてやるーーー!!!

と、息まいて。相手の出方を想像し、こういわれたらこう言い返してやろう!みたいなシミュレーションもして。

いざ、ライブチャットに接続!!!!

 

Jetstarの対応は…

なんかあっさり非を認め、「手違いで申し訳ございませんでした。現金での返金手続きを進めさせていただきます」と。

めっちゃ息巻いてたのに(笑)

でも全部の手続きが終わるのに1時間くらいかかったから…

なくてもいい時間を過ごしたことは間違いない。

ま、ブログネタになるし、これも経験だからいっか♡とすぐに気持ちを切り替え、現在は、口座に返金されるのを待っている状態です。

※まだ私の43万円は戻ってきていません(笑)

 

 

オーストラリア親子留学のゆくえ

というわけで、普段しないことをしたら、すごいどんでん返しがあった!という、2020年夏物語でした。

来年か~

来年、どうなるかな~

子どもたちも何気に行く気になってて。

私もホームステイは嫌だけど、ちょっとだけ楽しみになってたからな~。

 

あ、ちなみに、夫は。

勢いで2週間仕事休んで一緒に行くって言ったけど、こうなってみて分かった。俺は留守番しとくわ。来年行くならいいよ、3人でいってきて。サブローはみとくから。

だそうです(笑)来年ならいかないって。それか行くとしても後から行くか、先に帰るかで、1週間くらいでいいそうです。

ですよね。仕事2週間休んでバカンスなんて、勇気あるな~と思ってたんですよ。ま、いいけど。

 

いつまでコロ助騒動が続くのかわからないけれど…

これから年末にかけて、絶対また一波乱あるだろうし。

来年の春には落ち着いてるかなぁ。もし落ち着いてたら、来年の夏なら、リトライしてもいいかなー。

 

オーストラリア親子留学、何か進展あったら、またブログでお知らせしますね!

私の気持ちが、また何かの勢いで「いくか、オーストラリア!」となったら、一緒に行きたい人、きっと募集すると思います!

 

たったの3記事で終わってしまった、オーストラリア親子留学物語。

最後までお読みいただき、ありがとうございました♡

 

※子どもたちと海外のことを調べよう!とか、考えよう!とか、日本のおみやげはなにがいいかな?とか、もちろん英語力のこととか… なにか行動に移す前に、すべてが終わってしまったので、親子での学びの要素が全然記事になくってすみません💦

こういうこともあるよね!っていうただのレポで終わっちゃいました♡平常心、大事!(笑)

そしていつも通りの夏休み☆

 

みんなとおしゃべり

タイトルとURLをコピーしました