サカナ釣り遊びで模様と数をインプット~!

しましま
チェック
ボーダー
水玉
花柄

世の中にはいろんな柄がありますが、みなさん英語で言えますか??

9月1回目のレッスンでは、柄の英単語を紹介しました。知っていそうで微妙に知らない単語です。

例えば、しましま。日本語では横縞はボーダー、縦縞はストライプ、って使い分けたりしますが、英語ではどちらもstripes。

「しましまの魚」というように、名詞を修飾するときには「a striped fish」というように、過去分詞になります。直訳すると「シマシマにされた魚」みたいな感じ?みなさん、過去分詞って覚えてます?受動態(~される、~された)に使う形の単語です。

…って、ややこしい話はこの辺にして。

こんな理屈はともかく、お子さんが小さいうちは、「これはこういうもん♪」と、まるっと単語をインプットしちゃえばOK♡

みんなそれぞれ好きな柄を声に出しながら、色塗りをしていきました。

 

そして…

塗った魚で、さかなつりゲームです~!

3歳児ちゃんたちは、もう一人で釣れちゃいます♪

I did it!!!

2歳児ちゃんは、ママに手伝ってもらいながら…上手に釣っていましたよ♡

1歳児君は、つかみ取りです(笑)

 

一人30秒で何匹釣れるか、競争しました。

How many fish did you get?
Let’s all count together!

One, two, three…

こんな感じで声がけしていきます。

声掛けに使ったフレーズは、レッスンの初めに歌ったこの歌に出てくる歌詞でもありますよ。


歌や遊びで同じフレーズを繰り返すことで、自然とインプットしていけます。ママの声が一番お子さんに届くので、どんどん声をかけてあげてくださいね♪

日々遊びの中で繰り返すことが大事なので…。おうちでも遊べるようにお渡しした追加のおさかなと釣り糸(マグネット付)、ぜひぜひ活用してくださいね♡

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

次回のレッスンは、食べ物で数を数えたいと思います~!お楽しみに❣

 

≫ 親子英語レッスン 概要はこちら


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (5)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (2)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP