親子英語レッスン♪9月スタートクラス新メンバー募集中!

おうち英語のアドバイス【親子英語・キッズ英語】

英語力を維持するためには、月2回のレッスンでは全然足りない…と思っています。

でも、今現在の私の状況では、隔週のレッスンしか出来ないクラス(曜日)もあります。

そこでキッズ英語レッスンでは、レッスンのない週も、おうちでの取り組みの様子を写真や動画で送ってもらっています。

今日はそういったおうちでの取り組みに対して、私がしているアドバイスを紹介します!

みなさんからいただくおうちでの様子に対して、結構、アドバイスが重複するんです。
ということは、他の人にも役立つアドバイスなんじゃないかな?と思いまして…。

レッスンに通っていない方も、おうちで英語に取り組んでいる方は、ちょっと参考にしてみてくださいね!

★一方的な質問だけではなく、やり取りの仕方をみせてあげる

今まで生徒さんに送っていただいた動画に対し、一番多かったアドバイスが、コレ↓です。

言葉のやり取りをしましょう!

多くのお母さんが「Please touch a heart!」と言って、お子さんが黙って♡をタッチ、そしてすぐに次に進んでしまうんですね。

これだと、お子さんがどれがheartかを理解している確認にはなりますが、“会話”にはなっていません。

以前、英語ができるようになりたいなら、ちゃんと返事をしよう!という記事を書きました。(文末にもリンクを用意しておきます)

宿題をする時も一緒です。Please touch a heart!と言ってお子さんが黙ってハートを指さしていたら、「I found it!」 とか「Here!」とか「This is a heart!」など、お子さんが答えるべき答えをお母さんが言ってあげて、それをリピートするように促してあげましょう。

その時に「Here!っていうんだよ!」というように、日本語で説明せずに、ハートを指差したお子さんの手を持って、ハートを指さしながら「Here!」と一緒に言ってあげてください。日本語で説明するのではなく、身振り手振りで伝える感じです。

きっと日本語でも、お子さんが言葉を話す前は、お母さんが一人二役をしていたはずです。「ぞうさんはどこかな?ここだね~」なんて言いながら、絵本を読んでいたはず…。

英語も同じです。

質問だけでなく、答え方、反応の仕方も、お母さんが一人二役演じて、伝えてあげてくださいね!

 

★たくさん褒めてあげる

これは、私も油断すると抜けてしまうのですが、お子さんが正解を選べると、スルーしちゃうんですよね😅

ママ: Please touch a heart!
子ども: Here!
ママ: Please touch a …

というように、子どもの答えに対しての反応をしないまま、次に進んでしまう。

子どもが正解を言えたら「Yes!」とか「Good!」とか「(笑顔で)Wow!」とか、何かしら反応しましょう。

ここでも、言葉のやり取りが大事です。

おうちでの取り組みは、正解をいうことを第一の目的にしないように気を付けてくださいね。

おうちで一番大事にしてほしいことは、英語でのやりとりを楽しむことです。

間違えたら「Uh-oh!」とか「Oh no!」とか、愉快な表情でリアクションをとってあげてください。あ、無理にハイテンションにする必要はないです。テンションは日本語で話すときと同じでいいんです。

正解でも不正解でも、リアクション(言葉のやりとり)を多めにすることを意識してください。英語は日本語よりも会話のキャッチボールが一往復多いイメージです。

 

★全部の単語を読み上げなくてOK

これは音読に対するアドバイスです。

日本語は、1つ1つの文字、単語を、明確に発音する言語です。
それに対して英語、特にアメリカ英語は、単語がくっついて、全然違う音になることが、多々多々あります。

たとえば、It’s a heart. これを日本人は、ッツ ートと、3つの強さで読んでしまいます。

実際は、ッツァ ーt と2つの強さで言います。

How is the weather today? も、日本人は、 ウェザー トゥデイと5つの強さで読みがちですが、実際は、ハウズザ ウェザ トゥデイと3つの強さで言います。

日本語の文字を読むような感じで、すべての単語を強く読まないように、英語らしい強弱をつけることを意識してみてください。

…といっても、↑この説明じゃわからないですよね😅 これでわかる人は、すでに出来ている人だろうし。

 

宣伝みたいになっちゃいますが、親子英語レッスンでは、フレーズの言い方も練習しますし、ママのためのフォニックスレッスンでは、強弱のつけ方の理屈も説明して、練習したりします。

具体的に学びたい方は、親子英語やフォニックスレッスンに、ぜひご参加くださいね!

HIMAWARIに来れない範囲に住んでらっしゃる方は、

あなたの街の英語の先生 検索サイト(親子英語を学べる教室リスト)

でチェックしてみてください😁 近くにいい教室があるといいのですが♡

 

文字でフォロー出来ることと、それだけでは難しいこと、ありますもんね。
出来るだけ様々な形で、みなさんがおうちでの英語の時間を維持できるように、サポート&フォローしていきたいと思います♡

質問やお悩みがあったら、いつでもご連絡くださいね!

「今までからんだことがないけれど、ブログいつも見てます♡」とかメールいただければ、いつでも喜んでお返事いたします~😊 ←頼られると喜ぶタイプ(笑)

 

🌻関連記事🌻

≫ 英語だけじゃダメ!たりない!英語を学ぶなら…

 

タイトルとURLをコピーしました