英語で虫取り☆夏だからこそ、学べる単語!

7月の親子英語レッスンでは、“夏の虫”の英単語をママたちに紹介しました。

セミ、カマキリ、クワガタムシ、ホタル…みなさん、英単語で言えますか?

Let’s go outside!の掛け声で、虫取りスタート!(といっても、外には出ませんし、紙の虫取りですけどね♡)
お部屋のあちこちにばらまいた昆虫を、ママと一緒に集めていきます。

Look! There is a lady bug!という感じで、ママには声がけしてもらいました。

↑紙なのに、クワガタとかカブトムシには手を出さない女の子たち(笑)
You can get a beetle! Look! Look! Here!
どんなに声かけても、スルーされました♡

全員でぜーんぶの虫を集めたら、まずは何匹とれたか数えます。
もちろん、英語で♪

最高はAちゃんの26匹でした!すご~い!

そのあとは、Which bug is the biggest? どのムシが一番大きい?と大きさ比べ。

日本の学校では、中2くらいで学ぶ“比較級”、“最上級”ですが、ネイティブの子どもたちは、子どものころから使います。日本語でもそうですよね、どっちが大きい~?なんて質問、3歳児でも答えられます。

Which bug is the biggest?の質問に Ladybug!と答えたCちゃん。

Ladybug???と思わず聞き返す私。だって、小さいですよね、テントウムシ。

そしたら、Cちゃんは、テントウムシとダンゴムシしか捕まえてなかったんです!
確かにつかまえたムシの中で一番大きいのはテントウムシでした!

他にも、カブトムシとカマキリを並べて、Which is smaller?どっちが小さい?なんて聞いたりして、大きさ比べをしました。

“比較級”、“最上級”と聞くと、吐き気がするお母さんもいるかもしれないですが、これってすごく身近な表現なんですよ。ぜひおうちでも大きさ比べ、してみてくださいね!

今回、夏の虫として紹介しましたが、こういう昆虫は、絵本の片隅によく登場します。虫が苦手な女性は多いですが、絵本の中なら、声がけに使えます…よね!?
ぜひ使ってくださいね♡

ちなみに…
セミ a cicada、カマキリ a mantis、クワガタムシ a stag beetle、ホタル a firebugです(^-^)

 

≫ 親子英語レッスン 概要はこちら
日常生活で子どもと遊べる英語のフレーズ、学べます♪

 

 


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (6)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (0)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP