8月7~16日はHIMAWARI夏休み

なぜ化学調味料がよくないのか。覚悟して読んでください。

化学調味料は体によくない。と言われても

「え~、でもそんなの気にしてたらキリがないし~」
「買えるものなくなるし~」
「オーガニックのものとか高いし~」
「気にしすぎる方がストレスだし~」

「健康志向の人って宗教っぽくってコワーイ!!」

とか思っちゃう人に朗報です。

子どもでもわかるように、なぜ化学調味料がよくないのかを今日は語ります。覚悟して読んでください。覚悟が出来てなかったら、今すぐブログを閉じましょう!

※ここに書くことは、あくまでも私個人の感覚です。賛否両論あると思いますが、価値観が異なる水掛け論には応じません事、予めご了承ください。

 

我が家の子ども達のうち、3年生と1年生男子は、私も食品に関する知識が薄かったので、結構ジャンクフードを食べさせていました。

だから、化学調味料の味を“おいしい”と感じる回路が出来ちゃってます…。

今では、おやつはおにぎりとか干し芋とか、家で作るポップコーンとか果物とか…そういうものがいいと思っている私ですが、子どもたちはやっぱりスナック菓子を食べたがりますよね。

私に化学物質アレルギーがあることを子どもたちも頭ではわかっていますが、だけど「おいしい」と感じてしまうものをやめるのは難しい…。

添加物が入っていないものを見分けるコツも、ちょこちょこ話していますが、でもやっぱりお菓子を食べたい!!

 

以下、↑こんな息子たちに、私がした話です。

 

なんでスナック菓子がよくないのかを、息子たちに語る

「ねぇねぇ、たこ焼き味のウンコと、本物のたこ焼き、どっちがいい?」

「はぁ??」

「じゃぁさ、すっごく美味しいカレー味のウンコと、本物のカレー、どっちがいい?」

「本物に決まってんじゃん!!!」

「でしょー!!!そういうことなんだよ!!」

 

化学調味料で味付けしたものっていうのは、ただたんに“そういう味になってる”だけなの。

例えばね、ウンコにジャガイモ味と塩っぽい味の薬をふりかけて食べたら、フライドポテトの味になるのよ。

おうちで作るときはさ、本物のジャガイモを切って、美味しい塩をかけて食べるでしょ。ウンコで作ったものは、そういう本物のジャガイモと塩とは全然違うの。栄養がさ、全然違うのよ。

全く同じ味だったとしても、片方はウンコに薬をかけて作ったフライドポテトみたいなもの。片方はジャガイモをいい油で揚げて栄養がある塩をかけた本物のフライドポテト

君たちはどっちを食べたい??

 

「そりゃ本物だよ!ウンコ喰えるわけないじゃん!!」

「だよね~。まぁ、ウンコは極端だけどさ。じゃぁ、プラスチックだったらどう??」

「プラスチックは固いでしょ!」

 

そうそう、だけどね、添加物の中には、固いものを柔らかくしたりねばっこくしたりする薬もあるわけ。

おいしそうな色をつけて、薬で柔らかくして、美味しい味の粉をかけて…だけど元々はプラスチック。食べたときは美味しいと思うかもしれないけど、そこに栄養はあるかなぁ??

そういう風に作った食べ物のようなものは、カビもはえないし、腐らないの!某ハンバーガーってね、10年以上置きっぱなしにしてても、そのままの形で残ってるんだって!!食べてるときは美味しいと思うしおなかもいっぱいになるけど、変なモンいっぱい入ってると全然腐らないプラスチック食べてるみたいなもんなんだよぉ。

 

(ここでいきなり夫登場)

「おまえたちが車の中で食べて落としたポテトとか、何カ月かたって隙間から出てきたりするけど、ぜんっぜん腐ってないからな~」

「そうなのよ。そういうのを食べてるって、ちょっと怖くない??ママも知らなかった。知らなかったから普通に食べてたし、あなたたちにも食べさせてたけど…。そういう食べ物のようなものの作り方を知っちゃったら、もう食べたくないよね、美味しいと感じてもウンコだし。」

「ウンコかよ!」

「わかりやすいでしょ?(笑)」

「うん、ウンコはやだ。」

 

「じゃぁね、次ね。ここに、超美味しい100円のお菓子と500円のお菓子があります。どっちを買う?」

「100円!」

「じゃぁ、100円の方は美味しいけどウンコで出来てます。500円の方は本物の食べ物で出来てます。どっちを買う?」

「500円~~!!!」

「うん、今ならママも500円の方を買う(笑)でも、知らなかった時は100円の方を買っちゃってたなぁ」

「コンビニでプリン3個100円で売ってたよ!!」

「そうそう、なんで3個で100円で売れるかって言うと、いろんな薬とか粉とか混ぜて安いウンコで作ってるからなんだよ。本物のたまごとか砂糖で作ってたら、1個500円とかするんだよね。」

「そっか~」

「うん、そうなの。だからお菓子を食べたい気持ちもすごくわかるし、ママもポテチとか大好きだから食べるけど、なにで作ってるのかはよく見てから買おうね!」

 

…っていう話を、夕飯を食べながらしました。

すみません、ウンコウンコ連発で。でも小学生男子には一番わかりやすいかと思って…テヘ。

 

大人も時に盲目。私もそうでした。

子どもでもわかるように、ちょっと誇張して語っているところはありますが、この話、もちろん大人にも当てはまります。

値段だけしかみえていないと、それがどんなものなのかがわかっていない。そういう可能性あります。

時短、手抜き、息抜きももちろん大事です。だけどレトルトとかコンビニ弁当とかスーパーのお惣菜とかは、食べ物じゃなくて食べ物のように感じるように作られたもの、だったりします。

だから、同じように満腹になったとしても、食べ物のようなもの本物の食べ物では、体にいきわたる栄養が全然違うのです。

家庭で使う調味料とかもそう。本物の醤油と、醤油のようなものは、栄養素が違う。

化学調味料を使うということは、食べ物のようなものそれっぽく美味しく感じさせている、ということです。簡単に美味しく作れて便利♡って思うかもしれないけど…

実際はウンコです。

だからね、

「私はウンコでもその瞬間が美味しければいいわ~♡」
「ウンコだとしても、たまには手抜きしてもいいでしょ?」
「気にしてたら買うものなくなるから、とりあえずウンコでいいよ」
「ウンコがやだとかいう人、宗教じみててコワイよね~」
「ウンコはやだけど、高いもの買ってられないしぃ」
「ウンコってわかってるけど、美味しいからやめられない~」
「ウンコ気にしすぎてもストレスになるから、気にしすぎない方がいいよぉ!」
「ストレスためるくらいだったら、簡単便利なウンコがいい♪」

という価値観の方とは、多分、ずっと話が合わないと思うのです。すみません、こんな喩えで。でもわかりやすいでしょ?(笑)←え?笑えない??

離乳食とか考えてみて。ママが作るのが大変っていうのはすーーーっごく、わかる!わかるよ!手抜きも大事!だけど、毎日ウンコは…どう?レトルトばかり食べてる赤ちゃんのウンチは、ほんと臭いよ。化学薬品臭い。知らないとそれが普通だと思っちゃうよね?私はそこが心配だし怖い…。

 

実際はウンコじゃない。あくまでもこれはたとえ話。添加物が入っていて、栄養価が低かったとしても、栄養がゼロではないですよね。

でも、やっぱり本物の食べ物とは違うんですよ。同じようにおなかが満たされ、同じように美味しいと感じていたとしても、長い年月の間に作られる体の質は、確実に変わっていくでしょう。

100%、化学調味料をゼロにすることは難しいかもしれないけれど、選ぶことは出来ます。どちらを選ぶかはあなたしだい。

 

摂取している本人は気づいていないという罠

でも…、選べない時もあるんですけどね…。

さっき、実際はウンコじゃないって書きましたが、時々、子どもたちがウンコの臭いをただよわせて帰ってきます。雨上がりの野原に落ちている犬の糞みたいな息をして帰ってくるんです。

先に次男が帰ってきて「クサっ!!」と思っていると、1時間後に長男が帰ってきて、全く同じ息をしている。そういうとき思うんですよね、「嗚呼、今日の給食は化学調味料という名のウンコがいっぱい入っていたんだな」と。

夫がたまに外でラーメン食べて帰ってきたときも、同じ犬の糞の臭いがします。多分、ニンニクエキスです。それにたばこの臭いもあわさって、ほんと酷い。間違いなくあれは犬の糞の臭いです。

食べてる本人にはわからない、っていうのが怖いですよねぇ…。

タバコ吸っている人は自分がタバコ臭い自覚がないように、整髪料臭いオジサンがそれに気づいていないように、ものすごい香料の化粧品をつけているおばちゃんがイイニオイと感じているように…、化学調味料ががっつり入った食べ物を食べた人からは化学調味料のニオイがするけど、本人は気づいていません。

 

安いから、楽だから、気にしないからって…ウンコばっかり食べてたらいずれ病気になるよ。

そうですよねぇ??

食べ物に気をつかっていても、いつかガンになるかもしれない。
実際そうなったときに、「ウンコ食べてたからしょうがないよね♡」と思うのか、「ウンコ食べたらガンになるなんて知らなかった!」と思うのか、「気を付けてたけどなるときはなっちゃうなぁ(苦笑)」と思うのか…。

ガンじゃなくても、風邪でもインフルでも同じだよ。遺伝的要素もあるけれど、環境的要素も結構大きい。ウンコは免疫力を下げます。本物の食べ物はいい体を作ります。

選ぶのは自分。自分で選んでたら後悔も少ないけれど、“知らなかった”、“もっと早く知りたかった”と後悔するのだけは、私はイヤなんですよね。

今でも、ウンコZEROには出来ません。今の日本では不可能に近いです。完全自給自足でもしない限り無理。だけど、選んで減らすことは出来ます。うん。

 

気になる家計の問題。我が家の場合は…

本物がいい、とはわかっていても。やっぱりお値段は気になると思います。

えーっと。

私がウンコを食べていたころ。食費は1週間で5,000円くらいでした。スーパーで買い物してた頃です。

食材を有機のものに変え、調味料も本物を使うようになった今、食費は1週間で5,000円ちょっとです。たいして変わってないんですよ。

いい野菜を買うようになったから、無駄にしなくなりました。スーパーで買い物していた時のように、なんとなくで買いすぎることがなくなったから、トータルで見ると出費はそれほど変わりません。

だから、やろうと思えばみんな出来るよ♡

きっと、やりくりを知らないだけで、買い方を知らないだけで、そういうイイものの存在を知らないだけで…。知れば普通の値段でいいものがたくさんあること、ちゃんと理解出来ると思います。

 

ウンコは嫌だ!と本能的に感じたら、食べるとはどういうことか、本物を選ぶとはどういうことか、まじめに考えてみませんか?

コワくないよ!おもしろいよ~。

コンビニでもね、店長さんの志向によって、無添加のお菓子を置いていたりするんです!スーパーでも、そんなに大差ない値段でオーガニックのものを買えたりするんです♡行く店を変えれば、目に入るものも変わってきます。

 

脱ウンコ生活を楽しもう!

まずは、自分がウンコ喰ってると自覚すること。そして、それを変えたいな~と思うことが大事です。

大丈夫、私もちょっと前までウンコ食べてました。変わろうと思ったから変わったんです。変わりたかったら、変えられます!

空腹がただ満たされるだけのスッカスカの体じゃなくて、子ども達をちゃんと中身のある丈夫な体に育ててあげましょう♡そのためには、「ただそういう味のするもの」じゃなくて、「本物」を食べることが大事です。

脱ウンコ生活!!

 

こんなお下品な記事ですが、最後までお読みいただきありがとうございました。

そのうち「じゃぁウンコじゃない食べ物をどこで買えばいいの??」について語りますね。

 

※こんなにウンコって書いてて、Googleにペナルティくらったりしないよね?(笑)

 

追記

出来るだけ本物をみつける会(仮名)を始めました!悪いものを出来るだけ避けたいな~という方のご参加お待ちしてます♡

【参加したい人はどうぞ】出来るだけ本物をみつける会|丈夫なカラダに育てよう♡
子どもの体はママの“選択”でつくられるから… 出来るだけ本物を使おう! ちょっとずつでいいから、本物をみつけていこう...

 

 

関連記事

離乳食についての考え方。手抜き万歳、簡単サイコー!
4か月早々に歯が生えてきてしまったサブロー😭 考えたくなかったのに、離乳食シーズンが視野に入ってきてし...
朝ごはんの悩み、解決しよう!出来ることからしよう!我が家の手抜きごはん。
いきなり厳しいこと、言います! パンはお菓子だからねっ!朝はパン派?ごはん派?と...
まずはおうちにある“調味料”を見てみよう!
いくみさん、健康に気をつかっていますよね~! と最近よく言われるように...
無添加の調味料とか、洗剤とか、いろいろ。
先日の親子サークルで、食品添加物のことが話題に上りましてね。 あまり気にしすぎるのはよくないけれど、でも無関心過ぎ...

みんなとおしゃべり

タイトルとURLをコピーしました