最新の活動レポはこちら♪

英語講師ママのおうち英語の実態とは!?かなり○○だった!!

月に1回、お一人様英語講師が集まって、情報をシェアしたり学んだり共感したり呑んだりする集い”Cheer Up!”を開催しています。

8月は「英語講師のおうち英語」というテーマで、英語講師だからこそのあるあるを語り合い、みんな頭ブンブンもげるほどに振りまくりました。

共感の嵐!!!

英語が苦手なママたちにも聞いてほしい話が盛りだくさんだったので、紹介しますね!

英語講師だから出来ないこと

「お母さんが英語講師だと、お母さんに英語教えてもらえてイイね~!」

「お母さんが英語出来るから、お子さんも出来るんでしょうね~!」

という世間の目が、一番コワイ。これ、英語講師あるあるだと思います。

私もそうです。そりゃ、もちろん、教えてあげようと思えば教えられるんですけれど、教師と生徒という人間関係と、親と子という人間関係は全くの別物で、親が子に教える(ここでは授業的な意味での教える)というのはひじょ~~~~にひじょ~~~~に難しいのです💧

多分、英語だけじゃなくて、どんな教科でも。保育士さんとか幼稚園の先生とかでも!

我が子に客観的に冷静に接するというのはすごく難しくて…。無理(笑)

親だから子どもに厳しくなってしまったり、子どもの方も、親だから甘えてだたこねたり、ふざけたり(特に男子)。先生と生徒だったらやらないこと、我慢できることが、親子だとドストレートに感情がぶつかりあって、まぁ、ほんと酷いものです。

まれに、ママが英語講師で、お子さんも英語が好きで、めっちゃうまくいっているケースもあります。

でも、私個人的には、それは本当ラッキーなケースだと思っています。お母さんとお子さんの興味の向くベクトルが一緒だった、ということです。

親子だからと言って、必ずしも同じベクトルが働くとは限らない。

親の働きかけは大事だけれど、それは“親としてのチカラ”であって、“講師としてのスキル”とはまた全くの別物なんですよね。

シェア会に参加したみなさん、ブンブンブンブン頭ふりまくってました(笑)

英語講師のおうち英語あるある

英語講師ママが手を叩いて爆笑したあるあるを紹介します。

  1. SNSにUPするために、動画を撮る
  2. 絵本だけ無駄にいっぱいあるけど、読み聞かせはそんなに出来ていない
  3. 新しい教材は、とりあえず我が子で試す
  4. ほっといてもなんとかなると思っている
  5. 英語苦手ママの「子どもには英語好きになってほしい!」という熱意に勝てない
  6. 英語苦手ママのキラキラしたおうち英語投稿に心折れる
  7. 仕事はキッチリするけど、家ではテキトー
  8. 我が子への英語熱が低い

特に1番は、ほんと、ね(笑)我が家なんて、ただ撮るだけじゃなくて、バイトにしてますからね~(笑)

SNSに動画をあげると、いつもこんなことしてるんだ!ちゃんとおうち英語してるんだ!というように見えるかもしれませんが、逆です、逆!!

普段全然出来ないから、「動画UPしたら100円ね!」といってお小遣い稼ぎのチャンスにして、無理矢理そういう時間を作っているっていう感じです。

そうでもしないと、親である私も息子たちもやらないので(苦笑)これが我が家流のおうち英語!ということで、お金を介してなんとかやりくりしています。

まぁ、それでも、外の教室に通わせる月謝を思えば、ぜんっぜんお安いのでね。親はプロモーションになるし、子どもはお小遣いもらえるし、アップするためには練習するからなんだかんだで暗唱できるようになるし、一石三鳥じゃないですかね?😅

あと3の要素も大きいですね~。みなさん自力で英語力を身につけて今の仕事についているので、心の底では「本人次第でなんとでもなるでしょ」と思っている。私はめっちゃ思ってます(笑)

だからおうち英語にそんなに熱が上がらないんですよね。今回話したメンバーは、指導者としての英語指導法についてはものすごく意欲的で努力家ですが、おうち英語はほったらかし…という方が多かったです。

 

みなさんのご感想♡

シェア会に参加したみなさんのご感想を紹介しますね!

神回でしたねぇ。
先生あるあると言いますか、イチ母としての側面や、ヘッドバンキング級な共感がつまっていました。

体験は学びの原動力になるので、今は制限があるなかですが、色々と挑戦する機会が増えたらなと思いました。

先生である私たちでさえ継続って難しいのだから、生徒さんへはもちろん、サポート下さる親さんへの言葉かけやモチベーション維持というのも大切だなぁと改めて感じました。

いつもは、皆さんのアイデアや知識をシェアいただいて刺激をいただき、もっと頑張らねば、と思うことが多いのですが、今回は、なんというか癒しの回でした♡

ついつい子どもに何かさせねば、って思ってしまうんですが、もう少し広い視野で経験をさせてあげることができたらなって思います。

ママたちにも目の前の成果より、子どもたちの可能性や目標に目を向けてもらえるような声かけをしていけたらなぁ…としみじみ感じました。

「我が家のおうち英語」ということで何話そう…あんまり出来てないなぁと思ってましたが、皆さんの話を聞いてちょっと安心しました~😉

おうち英語キラキラのインスタを見て、すごいなぁ、私はこんな計画的に出来ないなぁとヘコむこともありますが、「載せているのは奇跡の一枚」みたいな話を聞いて救われました~♡

まあ、いつか興味をもてばすごい熱量でやるはずだし、イライラせずに、気楽に、興味をもてるような経験をさせてあげたいなと、皆さんのお話を聞いて思えました😊

英語講師のおうち英語!実は一番後回しになりますよね。

でも、肩肘らないというか、長続きするのが講師の生の声だと思いました!

継続はチャレンジですが、先生の向かう方向や姿に必ず共感する生徒さんがついてきてくれるとおもいます。ママ目線がある英語講師、最強ですよね♡

皆様の話を聞けてほっとしました。cheer up ならではですね!

 

英語講師だから出来ること

英語講師ママのおうち英語の実情を語り合ってみて思ったこと。この記事のタイトルにしたのですが…

英語講師ママのおうち英語の実態とは!?かなり普通だった!!

ということです。

おうち英語をしているママがSNSにアップする動画は、“うまくいっているところを載せている”んですよね。実際はそうでもない人が多いと思うんです。英語講師たちもそう。英語講師じゃないママたちと同じ、日々忙しくて、時間の捻出が難しくて、忙殺されて、結構普通のママたちと一緒です。

熱心なママは、英語が得意でも、英語が苦手でも、熱心だから形になる、プラス、お子さんのベクトルもいい感じで英語の方に向いていたら、やっぱりいい結果が出るんだと思います。

熱意がそこまでなければ、まぁまぁな結果にしかならない。まぁ、当たり前ですよね(笑)

 

ただ、ひとつ。英語が苦手なママとは違う、英語講師ママだから出来ることに、シェア会を通して私たちは気づきました。

それは“経験”がある、ということ。

英語講師という職業を選ぶまでに得てきた膨大な経験が、英語講師ママにはあります。

そういう経験がおうち英語の土台になっていて、無意識レベルで子どもたちにたくさんのことを伝えているのではないかなと。

兵庫のA先生の言葉で気づきました。

ママの海外経験を話してあげるとか、英語がある職場に連れて行くとか、今までの苦労や達成を子どもとの関わりに活かすとか…、ママが英語を使った仕事をしている姿を見せるだけでも、子どもたちの英語への心理的ハードルは下がると思うんですよね。

Aさんのおかげで、大切なことに気づくことが出来ました。ありがとうございます♡

 

先日、息子が書いた作文をたまたま読みました。「好きな科目は算数と英語です。お母さんが英語の先生だから、僕は英語が好きです。」というようなことを書いていて

マジか…

と、軽く青ざめました。

 

いや、嬉しい気持ちもあるんですが、あんなに英語嫌がっていて、めんどくさがっていて、うざがっているのに!!!(笑)外ではそういうこと言っちゃうんだ。子どもってすごいな、親の影響ってすごいなって。

 

「好きならもっと頑張りなよ!」って思っちゃうところが“親”なんですよねぇ…欲が出る(笑)

これが生徒さんだったら「えー!!ほんと?先生嬉しい!」ってただ事実を伝えて、子どもの気持ちを肯定できるのに…。

親だから難しいこともあるけれど、親が英語講師だから出来ることもたくさんあるんだな。特に無意識レベルで。経験を伝えるということは、講師にしか出来ないことかもしれない。

そういう大切なことに気づかせてもらえた時間に感謝します。いつもみなさんありがとうございます!

 

英語苦手ママに伝えたいこと

みんなが同意したことのひとつに、英語苦手ママの方が熱心で、お子さんとの時間を素直に楽しめる!ということがありました。

これ、実は私まえから結構ブログに書いたりしてました。HIMAWARIに通っているママたちを見ていて、常日頃感じていたことだったからです。

講師じゃなくっても、ママが英語が出来るとつい訂正したり、余計な一言を言っちゃったりするんですよね

ママが英語が苦手だと、子どもが出来たことに対して本当に「すごい!」って心から思えると思うんです。

(私は算数が苦手なので、長男がすごい勢いで計算しているのを見ると、本気ですごい!と思って、それしかコメントがでないです笑 次男の逆立ちを見てもそう思います。自分は出来ないから素直にすごーい!と言っておしまい♡)

これって、子どもにとってはすごく嬉しいこと。

我が子と一緒に同じ学びを共有出来たり、達成感を味わっていけるというのも、とても素晴らしいことだと思います。

もちろん、英語講師でもそれが出来る人はいると思うんですが、少なくともシェア会に集まったメンバーは、そこが難しいと感じる人多数でした。つい余計なことが出ちゃうんです(苦笑)

英語苦手ママだからこそ、楽しんだり、お子さんに伝えられることがたくさんあります!

知識や情報面では我々英語講師がサポートするので、ママたちは、おうちでほんとお子さんと一緒に楽しんでもらいたいと思っています。

親は教えなくていい。

一緒に遊ぶだけでいい。

そして、出来ている事実を言葉にして、伝えてあげるだけでいい。

遊び方がわからない場合は、英語講師を頼ってください。我が子のおうち英語はうまく言ってるとは言い難いですが、仕事はキッチリやるのが英語講師ママです♪

おうちでの苦労がわかるからこそ、ママたちに寄り添ったレッスンをしたり、アドバイスをしたりすることが出来ると…私は思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

素敵な先生とのご縁がつながりますように。私と縁のあった先生方のリストを、最後に紹介しますね~!

発音指導に力を入れている全国の英語教室を紹介します
発音は英語学習の目的にはならないけれど、発音が出来なければどんな学習も効果が激減するから… カタカナ発音を脱出して、通...

 

みんなとおしゃべり

タイトルとURLをコピーしました