最新の活動レポはこちら♪

食べ物を気にするってどういうこと?気にしなかったらどうなるの?

最近すごくモヤモヤすることがありまして…。

このモヤモヤの理由はなんだろう??と考えた結果、この記事を書くに至りました。

 

私は食べ物のこと気を付けていきたいけど、家族が理解してくれないんです…

という方のお役に立てたらいいなぁとちょっと思いつつ。書いてみますね!

 

私がモヤモヤした出来事は3つあります。

(1)「サブローは牛乳を今まで飲んだことがない」と話したら「(食べてるものが)偏ってるんですね」と言われた

(2)「給食のパンと牛乳、食べさせたくないなぁ」と言ったら「好き嫌いを助長するから食べさせてください」と言われた

(3)「ベーコンとかウィンナーとか家では買わない」と言ったら「給食に慣れるために嫌でも買って食べさせてください」と言われた

 

前後関係は省きます。誰に言われたのかも省きます。だから私の話がすべて正しいとは思わないでくださいね。相手の人がどういう意図でそういったのかまでは、ここでは推し量りません。

あくまでも、表面的な言葉のやりとりだけ、例として紹介しています。

(ま、内容からしてだいたい想像はつくと思いますが😅…複数の人に言われたことです)

 

モンモン…

モヤモヤ…

え、ちょっと待ってよ。なんか違うんじゃない???

 

と言われたときは思ったのですが、その場では言い返せず、「はぁ…」って感じで苦笑いで帰りました。

こういうとき、パッと言い返せないのが悔しい(言い返すのがいいこととは限りませんが)。

私は、牛乳もパンもベーコンも、食べていいと思いますよ。(めったに食べませんけど。)

そういう食材にアレルギーがあるわけではありませんから。

食べちゃいけないとも思っていないし、キライでもないし、食べたら悪だ!とも思ってません。

↓こういうものならね…

これなら喜んで食べます!

みんなも喜んで食べますよね???(お金のことはいったん置いといて!)

 

だけど…

今の日本の現実は??

こんな感じなわけです。

食べたい?みんな、食べたい??

こうやって視覚化されたら、すっごく嫌だと思うんですけど。。。でも現実はこうですよ。

「私、食べ物のこと、細かいことは気にしません~!」

っていう人で、買い物の基準が“安さ”とか“CM”とかになっている人は、こういうもの食べてる可能性が高いです。

 

私は、牛乳が嫌なんじゃなくて、こういう牛乳がイヤだ。
私は、パンが嫌なんじゃなくて、こういうパンはイヤだ。
私は、ベーコンが嫌なんじゃなくて、こういうベーコンがイヤなんだ~~!!!

 

ハァハァハァ(;´Д`)ハァハァハァ

っていう、心の叫び。声には出せないけど…。文字にはする(笑)

 

 

みなさん、どうですか?

この2つの食事をホイっと出されて、「お好きな方どうぞ♡」って言われたら、どっちを食べますか?

 

私は、余計なものが入ってないものを食べたい!!

しかし、実際にこれだけの食材を使ったら、庶民の私は食費で破産します。

だから、

不要なものは摂らない!
避けられるものは避ける!
負担にならない範囲で、出来るだけ本物をつかう!

という選択をしているのです。

 

安い牛乳や、そこら辺で売っているパン、ベーコンやハムは、私にとっては避けたいものなのです。

いい牛乳、いいパン、いいベーコンなら、食べたいし、食べさせたいよ!

けど、そういうものは日常的に食べるには私には高すぎるものだし、必ずしもないと生きていけないようなものではない。

こういうものは嗜好品だと思っているので、たまに誰かにいいものを戴いたとか、外食した時に中に入ってた、とかそういうレベルで食べられれば十分だと思うのです。

家に常駐させておく必要は、ない。

 

(1)「(食べてるものが)偏ってるんですね」→ 牛乳飲んでないと偏ってるんですか??なぜ??

(2)「好き嫌いを助長するから食べさせてください」→好き嫌いなくなんでも食べます!(変なものが入っていなければ!)

(3)「給食に慣れるために嫌でも買って食べさせてください」→なぜそっちに合わせなきゃいけないのだ!!

 

って言いたかったけど、言えなかった小心者の私。多分、今後も言えない、言える気がしません(涙)

 

だからここで書きます。

別にね、すべてを完璧に、いいものを食べましょう!私は食べさせてます!って言いたいんじゃないんです。

避けられるものは避け、変えられるものは変えた方がいいんじゃないかな?っていうくらいの感じです。

 

日々、食べたもので私たちの体は出来ている。

そう考えたら…

どっちを食べたらどっちになるかは言うまでもないですよね?

今の日本の食事は、表面的に見えている食材じゃなくて、そこの中に何が使われているか、が問題なんです。

牛乳がキライ、なのではなくて、牛乳に入っているホルモン剤の影響を避けたい、なのです。

牛乳アレルギーなのではなく、なんかの化学物質がトータルで影響していると、私は体感的に思うのです。

 

自分がそうだから。

 

自分の体がこんな風にならなかったら、子どもたちの食事のことを、こんな風に考えることはなかったと思う。

遺伝的には私めっちゃ健康体です。多分ね。生まれたときから全然病気をしない子だったそうです、私も弟たちも。

でも、20代の時は、そりゃもう、ひどい生活でした。頭痛、生理痛、気持ちの浮き沈み、肌荒れ…症状が出たら薬漬け、食事はろくなもの食べてなかったし、睡眠もちゃんととっていませんでした。

食べ物にだって、日用品にだってももちろん気を使っていません。

安さとパッケージで買い物はしていました。

こだわる人は、一部のそういうこだわる人なんだと思っていました。

そこまで気にしてたら生きていけないわ~!と思ってました。

だから若かったのに酷い20代だったのでしょう。今は40代だけど、当時より肌もキレイだし病気もしないし薬も必要としていません。

 

 

これからは、気にしてない人は生きていけない、に変わると思います。

 

食べ物、日用品もですけど、化学物質の影響は、1回や2回じゃ特にわからないですから。食べて即死ぬわけじゃないですからね。

だけど、善い食事をしている人と、そうじゃない人の数年後、数十年後に差が出てくることは、きっと心が冷静な人には簡単にわかることだと思います。

2人に1人がガンになるって…そういう時代なんじゃなくて、なんでそうなのかを考えないといけない、ということです。

ひとつひとつは確かに人体に影響がないのかもしれない。でも蓄積したらどうなる?複数のものを一緒に摂取したらどうなる?そういう実験はされてる?

多分されていない。私たちが今、壮大な規模感で人体実験されているようなものです。今のような便利な世の中になってきたここ50年くらいで、2人に1人がガンになることが明らかになった、って感じです。

 

すべてを完璧にする必要はないです。完璧を目指すことがストレスになって、余計に負荷がかかるってこと、あると思いますしね。

出来る範囲でいいんです。

出来るところから、少しずつ変えていけばいいと思う。

今、体に不具合がすでに出ている人は、少しずつじゃなくて「断つ」ってことをしないと変わりにくいと思いますが…。

 

少しずつ変えていこうという人は、まずは調味料から!

まずはおうちにある“調味料”を見てみよう!
いくみさん、健康に気をつかっていますよね~! と最近よく言われるように...

 

すでに不快症状がある人は、断つことを知ってください。

砂糖を減らしたいなぁと思っている方に、残念なお知らせです。
ちょっと、タイトルでふざけちゃいましたが、まずはお付き合いください♡ 今年に入って...

 

化学物質が蓄積するとどういう影響があるのかを知りたい人は、私の症状を読んでみてください。

化学物質過敏症って何?どんな症状?香害って知ってる?
化学物質過敏症の実体験を語ります。

 

 


私をモヤモヤさせた人に、こういうことを私は言いたかった…。けど、言えない。時間的にも気持ち的にも言えない(笑)

こういう話をちゃんと聞いてくれて、必要な書類にサインしてくれるお医者さんと、私は出会いたい。

あるいは、理解のある環境で子どもたちを学ばせたい。

ご縁の神様、どうぞよろしくお願いいたします。

 

この記事が、必要な人に届きますように♡

私もまだまだ勉強中!一緒に学びたい人は、こちらへどうぞ~!

【参加したい人はどうぞ】出来るだけ本物をみつける会|丈夫なカラダに育てよう♡
子どもの体はママの“選択”でつくられるから… 出来るだけ本物を使おう! ちょっとずつでいいから、本物をみつけていこう...

イラスト出典元:イラストAC kakaさん ありがとうございます!

みんなとおしゃべり

タイトルとURLをコピーしました