手作りカードの、ちょっとしたこだわり。

いつまで、どこまでやれるかわからないですが(笑)

私が作っている手作りアイテムの素材を、購入できるようにしてみました。

今日は、ちょっとこだわっているところについて、語ってみてもいいですか?😀

 

こちら、記念すべき?第1号のフラッシュカードです。これを例にとって紹介します。

🌈こだわり1 絵本と連動させる

親子英語レッスンを続けてきて、ひとつ、ずっとこだわっているのが、必ず絵本をベースにレッスン内容を考えている、ということ。

おうちと教室の連動がなによりも大事!という軸をもって親子英語レッスンをしているので、教室にしかない教材でレッスンをしても、もったいないと思うんですね。

なので、必ずAmazonで買える英語絵本を1冊選んで、その中にある単語やフレーズを生かし、ゲームやクラフトを考えるようにしています。

今回のフラッシュカードも、この絵本とからめて作っています。

今まで作ってきたカードやクラフトも、絵本の紹介と一緒に買えるようにしていこうと思っています。暇なときにちょこちょこやるので、ほんと、亀の歩みだとは思いますが🐢

 

🌈こだわり2 冠詞をつける

市販のフラッシュカードって冠詞「a」「an」「the」がついてないですよね。単語を覚えるときに、最初からセットで覚えていたら、後の苦労が減るんじゃないかな~ってずっと思っていました。

みなさんはどうですか?私は未だに頭で考えないとわからない時があります。こういうのって理屈じゃなくて感覚で覚えられたら一番ですよね。

単語の導入に使うフラッシュカードには、冠詞つきの単語を書いていますが、ゲームなどで使うミニカードには、文字を書いていません。これはゲームによっては複数形が必須になるので、そうなったときに単語があると邪魔になるからです。

ちなみに、このカラー版↑は、色鉛筆でぬりました。パソコンでちゃっちゃと塗れば楽ではありますが、色鉛筆の色味が好きなのです♡

 

🌈こだわり3 シンプルな線だけのイラストにする

そもそも「あー、もうしょうがない、自分で描くか!!」となった理由が、こういう線だけのシンプルなイラストで、絵本に出てくる要素をおさえているフリー素材がなかったからでした。

さらに言えば、イラスト、あったとしても、テイストが好みじゃなかったりすると、テンション下がりません?(笑)ないわけじゃない…あるところにはあるのも知ってはいますが、私はもうちょっとかわいい感じのがいいの!みたいな、変なこだわりを発揮したりしちゃって😅

シンプルだから、子どもたちのぬりえにも使えるし、レッスン内容によって、先生が目的をもって色を決めることもできますよね!

 

🌈こだわりその4 目がない

これは、完全に私の趣味なんですが(笑)、目が白抜きになっているのは、こういうイラストの感じが好きっていうのもあるのですが、目ひとつで、いろんな表情を作れるからです。

どうどう??😀

子どもたちに色塗りさせてると、ほんと、いろんな表情に変わっていくのが楽しくって♪

 

以上が、カードを作るとき(絵を描くとき)の、私のこだわりです。もし使ってくれる人がいらしたら、こういうところ気にして使って、楽しんでもらえたらうれしいです♡

≫ HIMAWARIオンラインショップはこちら


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (4)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (0)
≫ 最新記事はブログ一覧でチェック!
スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP