今しか出来ない子育て、全力で満喫しません?

20年前に描いた未来の私。

今宵は、私の夢物語を綴ります。

お暇な方は、お付き合いください。

二十歳くらいの時に、「教育の道を仕事にしよう」と決めました。そこに至る経緯は、過去に書いたことがあるので、今日は省略。

↑こちらに書いてあるので、興味がある方はどうぞ

大学生の時、教育を専攻しようと思ったときに、私の人生の展望は2択ありました。

ひとつは、国レベルで日本の教育制度を変えること。もうひとつは、草の根的に現場から教育を変えること。

私の学歴や性格的に、前者は到底無理だったので、サクッと道は後者に決まり。さらにそこでも選択肢が2つありました。

大学で、将来教師になる学生を指導すること。もうひとつは、自分が教師(講師)になって、現場で子どもたちを指導すること。

私の学歴や性格的に、前者は厳しかったので、サクッと道は後者に決まり。私は塾講師になりました。

 

塾講師という仕事はおもしろかったけれど、でも、私の中にずーーーーっと、別の人生のイメージがありました。

それは、いつか自分で学びの場を作るということ。

私の中のイメージでは、50歳とか60歳とか、自分の子育てが落ち着いたころに、小さな塾を開いて、近所の子どもたちに英語や国語を教える、それが人生のゴールでした。

そこに至るまでの過程で、まずは自分の子どもを産み、となり、自分が学生時代に考えていた教育哲学を、我が子に実践したいと思っていました。実践したことがないのに、人に理論を伝えることは出来ないと思っていたからです。

さらに、将来子どもたちに教授することになる若き教師たちに、教育法や指導法を伝えていきたいという気持ちがありました。現場で子どもを育てる立場になる人たちに、私の頭の中にあるいろーーーーーんなことを伝えられたら、それが巡ってたくさんの子どもたちに伝えられるんじゃないかなって、思ったからです。

そのためには、自分も教壇に立つ経験を積む必要があると思い、塾講師になったのでした。

 

塾講師として指導の現場に立ち、自分も出産して子どもを持った時。

現場で子どもを育てる立場になる人、つまり子どもにとって一番身近な大人は親であること。さらに母親からの影響は、なによりも絶大であることを改めて感じ、母親たちにこそ、意識改革と適切な知識が必要だと思ったのです。

そこで親子教室を始めました。

親子教室をしていると、「自分も子育て中なのにすごいですね」とか「夢をかなえて頑張ってますね」「昔から英語好きだったんですか?」みたいなことを時々言われたりしますが…、ううん、全然、ここはまだまだ通過点。と心の中では思っていました。言わないけど(笑)子育ても、英語講師も、私の最終的な未来像の通過点に過ぎない。

すっごく飽き性で、2年と同じことを続けていられない私が、8年くらい親子英語の現場に居続けました。それもこれも、すごく素敵なママたち、子どもたちと出会えたからです

でも、そろそろまた次の通過点に行く時が来たのかなと思ってます。英語講師をサポートする仕事です。

表向きにはあんまりOPENにしていませんでしたが、このサポートする仕事も、もう4年くらいこっそりと続けてきました。少しずつ、経験も積んできたので、そろそろバーンと展開していこうかな~なんて、思っています。

 

最近、「教室開業支援」に関する記事を書いたら、「親子英語とかサークルはやめちゃうんですか?」と聞かれたりしましたが…。

やめないですよ!

私にとって現場は、絶対必要なことで、教育現場にいるからこそ、理論も考えられると思っているので、実際にママたちや子どもたちと会える場所をなくすつもりはないです。

HIMAWARIが始まった当初、実は「教室開業支援」ってホームページにあったんですよ!HIMAWARIを始めたときから、教室開業支援はあったんです。覚えているマニアックな読者さん、います??(笑)

ただ、途中、クラスの数がすごく多くなっちゃって、クラス運営だけで時間がいっぱいになっちゃったから教室開業支援のページを閉鎖していただけで。

ずっとありました。表にしてなかったけど、ずっと違うサイトで仕事もしてました。

それを、最近、ちょっとこっちのブログでも紹介したというだけで、親子英語をやめるっていうことにはならないのです

 

英語講師も、教室開業支援も、私の中では、20年前に描いた未来像の一部です。通過点です。目標でもないし、ましてやゴールなんかではありません。ゴールはまだまだ先にあります。まだまだやりたいこといっぱいある!

 

思い描いていることは、すべて現実になると、私は思います。

カタチは違うけれど、20年前に描いていた未来像のほとんどを、いま形にしています。数年前に思っていたこともより具体的になっているし、きっとこれからもそうなる。

本も出したし、出張もしてる。全国の英語の先生たちとのつながりも太くなってきた!

あ、夢物語じゃなかった!

私にとっては日常の一部。20年前に描いた未来の自分を、着々とカタチにしているだけ…ですね。で

まぁ、簡単に言えば、普段は特に何も考えていなくて。地味に生きてたら、20年くらい前に決めたときに描いたイメージが、普通に現実になってるな~最近、っていう話です。しかも思ったよりはやくカタチになってる!目標に向かって日々頑張ってます!っていう感じはゼロですが(笑)昔決めたことはぬるくカタチになっている。きっと今後もそうなると思う。

 

みなさんは、20年後の自分、イメージ出来ますか?

私は…、多分、シニア向けのなんかイベントとか企画してるかな?(笑)孫世代とシニアをつなぐ場を演出していそうな気がします。その頃もまた、イベント遊びにきてくださいね
みんな子育ても一段落してるだろうから、飲み会もいっぱいやろう!

↑3月に初開催した夜のHIMAWARIの様子。めっちゃ楽しかったー!!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
暇ですね
明日からまた頑張ろー

 

ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (16)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (0)



スケジュール・空き状況はこちら
LINE@に登録する
タイトルとURLをコピーしました