10月からちゃんとブログ書きます

小さい時から英語を学ぶメリットって…?

今月は、キッズ英語に参加している保護者のみなさんと、個別面談を開催しまくりました♪

まだ全員は終わってないですが…、今日、とっても興味深いお話をお聞きしたので、ブログでも紹介したいと思います!(掲載快諾してくださってありがとうございます♡)

私は0歳児からの親子英語レッスンをしているし、自分の息子たちにも、0歳から英語のある環境を用意しているし…それがすごく当たり前なので、その価値をいまいちよくわかってなかったんですよね😅

いや、価値があることはわかるんですが、実感としてない、というか。

自分の家庭の環境も、仕事の環境で出会う人たちも、英語に対する意識が、多分平均より高いから、そこが“普通”になっていて、他を知らないでいままできているんですよね。

 

だから、自分の息子たちに対しての英語の評価って、実はすごく低くって。

もっともっと素晴らしく親子英語を成し遂げている方たちをたくさんみているから、「うちは全然…😓」なんて思っちゃっていたのですが。

そんなことはない!というお話を、今日の面談でお聞きすることが出来ました。

3人のお子さんを育てているAさんは、2番目ちゃんはキッズ英語から、3番目ちゃんは親子英語からのキッズ英語で、私のレッスンに参加してくれています。

1番目ちゃんは、Aさんと出会った時にはすでに小学生になっていたので、私の英語レッスンには参加していません。

Aさんはお子さんの英語教育にとても熱心で、1番目ちゃんにも、もちろん取り組みをされています。最近、1番目ちゃんとそのお友達の英語を見てあげている時に感じたことをお話してくれました。

「幼児から英語を学んでいる子と、もっとあとからやってる子は、全然違います!」とおっしゃっていたので、「なにが一番違いますか?」と聞いてみました。

 

Aさんのお返事は、「英語に対する反射とか瞬発力が全然違う」といった内容でした!!

小学生になると物事の理解力がついてくるから、フォニックスとかも理屈ですぐに理解出来るようになります。字も書けますしね。

言葉の意味を覚えるのも早くなるし、ともすると、幼少期から英語に触れている子と、そうじゃない子の差なんて、すぐに埋まっちゃう!!!ということもなきにしもあらずだと思うんです。

それでも、やっぱり小さい時からやっていたほうが絶対いいと思う!とAさんはおっしゃっていました。

同じ単語ひとつとっても、反応が全然違うんだそうです。

 

たとえば、How is the weather today?と聞いたとして。

幼児から英語に触れていると、何も考えずともさらっと「It’s rainy!」と出てくるけれど、ある程度の年齢になってからその単語を学ぶと、聞かれたことを頭で考え、雨を英語に訳してrainyと答える…みたいな、“間”が出来るんだそうで。

たしかに!

幼児期から触れている英語は、それだけ使用期間が長くなるから、定着の度合いが全然違いますよね!

「今日の天気はなんですか?雨です、って英語にすると…」なんていちいち考えなくても、反射的に出てくるくらいまで、しっかり定着させた英語は、英語を英語で理解し、反応できるようになりますよね!

 

いずれ小学生になって物事の理解力が高まってきた時に、そういう反射的に即反応できる単語や表現たちが、子どもたちの英語学習においてきっといい働きをするに違いない。

「絶対つながっていきますよ!」というAさんの言葉に、一人の母として、なんだかホッとしました。

いや、もちろん、英語講師としては理屈はわかるし、生徒さんをみているとほんとそうだなっていうのはわかりますよ!そうなるために、日々レッスンしていますしねっ!

でも、自分の子どものことって、なんだか客観的に見えないじゃないですか😅

正直、0歳から英語のある環境を作ってきたけど、どれだけのものが残っているのかなぁ、形らしい形になってないなぁって、評価を下げちゃうこともあるんですが…

確かに!確かに!瞬発力、あります。息子たち。反射神経、いいです!

自分が知っている単語であれば、いちいち日本語に置き換えてないです、多分。「日本語でなんていうんだっけ?」とか「英語でなんていうんだっけ?」と聞かれたことがない。←まえにやったけど覚えてない、というニュアンスの質問をされることがない。

もちろん、「日本語でなに?」とか「英語でなに?」とは聞かれますが、これは単純に知らないから知りたい、というニュアンスの質問なので、脳内変換するための質問とはちょっと違うんですよね。

伝わります?この感覚の違い😅

私自身もそうです。

日本語変換しなくてもいいくらい、自分の中で定着している単語や表現は、英語を英語のままで理解出来るし声にも出せます。

が、定着が甘いものは、一瞬「なんていうんだっけ?」と考えてしまいます。

 

幼児期から英語を始めていれば、この瞬発力と定着の深さが、きっと大人が想像するよりあるんでしょうね。

私はまだ、幼児期から英語を学んでいる子が、小学生になって理解力が出てきた時に、どう伸びていくのかを見たことがありません。幼児英語を始めたのが長男が生まれてからだから、長男より上の子のことは、まだ経験としてわからないのです。

母としても、講師としても、本当に楽しみです!

この「楽しみ♪」と思う気持ちを、忘れないようにしよう。とくに母として♡←すぐ忘れるから😅

 

小学1年の壁…とか、世の中では色々言われていますが、英語に関しては、壁に負けずに!せっかく幼児期に得た瞬発力、そして発音の良さを維持していってほしいなぁと思います。お母さんたちのモチベーションにかかっていますよっ!!!←と、自分にも言い聞かせる。

Aさん、貴重なお話、ありがとうございました😊

キッズ英語レッスン、新規生徒さん募集中です♪

HIMAWARIのキッズ英語レッスンは「楽しく英語に触れる」だけのレッスンではありません。園児時代に3年間、しっかり続けたら…、発話も読み書きも、一歩先のチカラをつけることが出来ます。

英語を口にすることをためらわず、自分が知っている英単語で、自己表現しようとする心が育ちます♡

4月下旬スタートです!英語学習経験がなくても大丈夫なクラスもありますので、ただの思い出づくりではなく、将来に繋がる英語力の土台を作ってあげたいお母さん、お待ちしていますよ♡

≫ 2019年度 キッズ英語レッスン 募集内容はこちら

タイトルとURLをコピーしました