最新の活動レポはこちら♪

「真似して~Repeat after me!」から抜け出しませんか?【先生のための発音指導法講座】

先生のための発音指導法講座、11月スタートクラスのメンバーを募集しております。あと2名様、いらっしゃいませんか~?

発音が苦手なお母さんでもよいですよ♡ 発音指導法講座は、「発音の教え方」を学ぶ講座なので、先生でもお母さんでも受講可能です。

この講座は、日本人独特の癖を理解して、どうしたら英語らしい発音になるのか、どんな風に子どもに伝えたらわかりやすいか、を知ることが出来る講座です。

だから、発音にこだわりを持って、お子さんにきれいな発音を身につけて欲しいお母さんにもおすすめです♡

こんなポーズをとってみたり。

ティッシュを使ってみたり。

私が描いた横顔のイラストを使ったりして、息の吐き方口の形舌の位置を学んでいきます。

英語には日本語にはない、息使い、口の形、舌の位置があるので、ただ「Repeat after me!」「真似っこして~」だけでは伝わらないことがたくさんあります。

この講座では、そういう“わからないこと”とか“なんとなく雰囲気で言っていたこと”を、「そういうことか!」とわかるようにお伝えします。

だから、そもそもの「英語の発音が苦手っ」という方にとっては、発音の理屈を学べる時間になりますし。自分は英語が出来るけれど「どうやって教えたらいいのかわからない」という方にとっては、指導方法を学べる時間になります。

発音が苦手でも得意でも、得られることがたくさんある講座なんですよ♡

 

フォニックスレッスンとはどう違うんですか?

というご質問をよくいただきます。

フォニックスとは、話し言葉を文字にしたらどうなるか、という読み書きのルールを教える教授法です。普段話している言葉を文字であらわすための学習なので、ネイティブスピーカーは読み書きに集中できますが、日本人はそもそも英語を話していない、つまり英語の音を知らないので、フォニックス学習をする際は、同時に英語の音についても学ばなければいけません。

この英語の音に関しては、英語講師でも感覚で習得してきちんと説明できる人はまだまだ少ないです。

先生のための発音指導法講座は、音声学に基づいた音素の発声と、それを日本人向けにわかりやすく解説した指導法=教え方にフォーカスしたレッスンです。

全3回でギューーっと詰め込んで学びます。レッスン後は次のレッスンまでの間に動画や音声を送っていただいたりして、約1か月間、短期集中で「教え方」を学びます。

フォニックス指導が出来るからと言って発音指導が出来ることにはなりません。まったくの別物です。

発音について学んだことがない方は、感覚ではなくしっかり説明出来るように知識をストックしませんか??

現在募集中のクラスは👇こちらです!

残1名様【3月・5月クラス受講生募集中】先生のための発音指導法講座
生徒に英語を教えなければいけないのに、発音に自信がない!自分では発音出来るけれどわかりやすい教え方がわからない!そんな先生のための、発音指導法を学べる講座です。小学校の先生、英語教室の先生向けの、すぐに使えるノウハウを学べます。

お申込みも☝このページから受け付けています。

タイトルとURLをコピーしました