ひまわり本、プレゼント企画まもなく終了!

予防接種、受ける?受けない?考え方のヒントをちょこっとね。

冬になるとインフルエンザの予防接種を受けるか受けないかっていう話を、必ずここそこで耳にしますが。

正解はないから、私はよそ様がどういう選択をしようとそこにどうこういうつもりはありません♡

だけど、「迷っている人」には、ちょっとヒントはお話ししてもいいのかな、って思っています。

受けるにしろ受けないにしろ、迷いがない人は、どうぞここでブログを閉じちゃってください♡

打った方がいいとか打たない方がいいとか、そういう論争に参加するつもりはありません♡

 

まず大前提として。

ここではインフルエンザの予防接種の話しかしません。他にも予防接種色々ありますが、話がややこしくなるから、その他のものはいったん横に置いておきますね。

今回はインフルエンザのことのみ。

かつ、私がここで書くのは、迷っている人が判断するためのヒントのみです!

 

迷いがある人は、以下について自分で調べてみましょー!

  • インフルエンザの予防接種は効果がある=打てばかからない、と断言している医師はいるのか
  • 予防接種を受けたら重症化しないのか?重症化の本当の原因はなんなのか
  • 予防接種というけれど、何を体の中に注入しているのか、何をどう予防しているのか
  • 体の中に入れたものが、体にどういう作用をもたらしているのか
  • 発熱は体にとってどんなプラスの面があるのか、マイナスの面があるのか
  • 発熱した時に絶対にしてはいけないことはなにか
  • インフルエンザに特効薬はあるのか
  • 薬がもたらすメリットはなにか、デメリットはなにか
  • 予防接種をしておくと症状が軽くすむと言われているが、その根拠はどこにあるのか
  • 副作用が怖いから受けないという人もいるけれど、副作用って具体的に何が起こるのか
  • その副作用の原因はどの物質のせいでどういう症状が起きるのか
  • なんで昔(私たちが子どもの頃)は予防接種がなかったのか

予防接種を受けるかどうかの判断は、↑こういうことを自分で調べて、そのうえで、自分で判断することが大事です。

え?面倒くさい??

ですよね(笑)

 

でも、面倒くさいからといって放っておいていいのかな?

〇〇さんが言ってたけど、テレビで××っていってたらしいよ、っていうそういうレベルのことを根拠にして、それで打つ打たないを判断する方が怖くないですか?

私は怖い。

私はちゃんと予防接種の効果を知りたい。ちゃんとリスクも知りたい。それを知った上で、自分で判断したい。

みんな打った方がいいって言ってるから、うちも…なんて判断、怖すぎて出来ません。赤信号、みんなで渡れば怖くない、的な?(笑)

私は赤か青か、自分でみて渡るか決めたい。みんなと一緒だから大丈夫だなんて怖すぎるぅ!

 

予防接種を打つか打たないか決めるなら、最低でも、上記に書いたことくらいはちゃんと自分で理解しておいた方がいいと、私は思います。母として。子どもの体を守るのは、母として最低限の勤めだと思うから。

「小児科の先生に聞いたら打っといたほうがいいって言われたから」

っていう人もいるかもしれないけれど、それは、予防接種を打つことを選ぶ根拠にはならないですよ。

医者は、売っといた方がいいからね。薬も注射も(苦笑)

副作用のリスクまでちゃんと説明してくれる先生のところじゃないと、私は怖くて子どものことを任せることは出来ませぬ。小児科医でも平気で「みんな打ってるから打っといた方がいいよ」とか言う人、いますからね。

 

あなたが信じるのは、マスコミ?ママ友?お医者さん??…どこのお医者さん?

ブログは好き勝手に解釈されるから、ここに私の考えは書きませんが…。直接聞かれれば答えます♡ なにを根拠にどういう判断をしているか。

 

少なくとも我が家は、家族全員、病院に行かなければいけないほどの風邪をひくことはめったにないし、薬を飲まないといけないような状態になることもそうそうありません。

生まれ持った強さもあるかもしれないけれど、そういう状況の多くは、環境が作っていると私は思うので。

インフルエンザはただの風邪の種類のひとつです。

どういう生活をしたら、インフルエンザにかかりやすくなるのか、つまり風邪をひきやすくなるのか、考えてみると、予防接種を打つべきか否か、決めるヒントになるのではないかと思います♡

 

以上、ヒマつぶしの独り言でした~

 

 

ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (9)
  • うんうん (4)
  • やってみます! (0)



スケジュール・空き状況はこちら
LINE@に登録する
タイトルとURLをコピーしました