「少し厳しい言葉で背中を押してもらったから…」~おむつはずし講習 ご感想~

気温があがってきましたね!
洗濯物も朝干せば夕方には乾くようになりました。

と、いうことは♡

今年もやってきましたよ、おむつはずしシーズンが!!!

昨年、おむつはずし講習に参加して、2歳3か月でおむつがとれたRちゃん。
ママHさんからのご感想を紹介しますね😊

いくみ先生のおむつ外し講座を受けていなかったら、世間一般のトイトレをして、母子ともにイライラしていたと思います。

少し厳しい言葉で背中を押してもらったからこそ、実行し、やり遂げられたと思います!
同じ仲間がいたのも心強かったです。
しばらく外出は心配だけど、おむつが外れたことによって、荷物が少なくなったこと!また、家のおむつゴミ箱を撤去出来た開放感は素晴らしいです。
子供の意思で初めてトイレが出来た時は、親子で感動しました✨(子供はきっと忘れてしまうだろうけど、私は忘れられません。)
ありがとうございました😊

 

Hさん、ご感想ありがとうございます!
Rちゃん、2歳3か月でおむつはずしをはじめ、10日でバッチリになったそうです♡

世の流れは、3歳前後でおむつをはずすのが当たり前。
幼稚園入園時に、おむつが取れていない子が、クラスに半分…なんていうことも珍しくなくなっているとか。

「早くおむつを外すことは、子どもの成長によくない」という記事を読んだこともあります。小児科医とか精神科医が書いた記事を!です。

初めての子育てで、いろんなことがわからなくて、世の中の流れを当たり前と思ってしまっているお母さんたちは…、しょうがないと思う。

しかし、世の中の流れを作っている医者や企業には、激しく文句をいいたい!(言わないけど)

利益を優先させ、本来の子どもの成長を妨げても知らんぷり…だけじゃなく、権威にかこつけてもっともらしく嘘いわないで欲しい!って大声で言いたい!(言わないけど)

…書いちゃってますが(笑)

 

おむつはずしだけじゃなく。

赤ちゃんグッズって、ほんと、企業に洗脳されてること、多々あります。離乳食とか予防接種とかもね。。。

本来、目の前にいる子どもをみて判断すべきことなのに、育児書や雑誌やネットに流れる情報と自分の子どもが同じかどうかで判断して、子育てが辛くなっているお母さんも少なくありません。

 

世間の流れと違うことをするのは、不安もあるし、勇気もいる。

でも、自分の子どもを守り、育てるのは、自分だから。
目の前にいる赤ちゃんのチカラを信じてほしいし、育てている自分自身の母としてのチカラを育ててほしいと思う。

Hさんからいただいた感想と、私のブログ記事、なんかかけ離れているけれど(笑)

私が今出来る、“少し厳しい言葉で伝えられること”は、おむつはずしのことだけなので…。
(食事や注射に関しては、時に命に直結するから私は言えないし書けないデス)

おむつはずしは、命に直結しないので♡
多少厳しくなったとしても、事実を伝えていけます。

企業戦略に騙されないで♡
子どものチカラと、母の勘を信じて♡

私の言うことも100%信じる必要はないし、100%当てはまらなくて当たり前なんだけれど。
少なくとも、違う視点を得るきっかけにはなります。

何を選ぶかどうかは、あなたしだい。
自分が選んだ、という事実と責任が大事だと思う。

 

おむつはずし講習、興味がある人がいらしたら開催します!
確実にこの夏におむつを外したくて、出来るだけ短期間で終わらせたい!という人向けです。

≫ こちらに講習の内容を全部書いてあります。

↑そこに書いてあることを読んでも、実践できない、信じられない、直接私に聞きたいことがある!という方は、文末のフォームからお問い合わせくださいね♡

 


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (8)
  • うんうん (3)
  • やってみます! (2)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP