マザーグースと絵本で発音力をUP!親子英語レッスン

学校英語が始まる前にフォニックスを学びませんか?【ママのためのフォニックスレッスン】

いよいよ小学校でも英語の授業が本格化してきました。

正直…、ほんと、正直、私、学校の英語教育に期待していません😅
どうせ大したことしないんだろう…と偉そうに思っていました。

でも。
先日ちょっぴり心動かされる出来事がありました。

上のお子さんがいらっしゃるお母さんから「5年生の授業を見学したら、みんな英語をしゃべっていてびっくりした!」という話を聞いたんです。

 

「私は英語が全然できないから、もうなんて言ってるのかわかんなかったけど。あれはみんな小さい時から英語やってる感じだよね。やってなかったらあんなに出来ないと思う!」

…そうなんだ!!!みんな小さい時からやってるんだ!!😱

 

この話を聞いて、私の心に響いたポイントは2つ。

✅学校の英語の授業でも、英語でゲームが成り立つくらいのレベルになっていること
✅ある程度、英語が出来る前提で授業が構成されているらしいこと

自分の目で見たわけではないので、実状はわかりません。
学校による差が大きい話でもあると思います。

ポイントの要は、特別英語が出来るわけではない、むしろ英語に苦手意識がある平均的な“普通のお母さんがそういう判断をした”というところです。

そして、英語が苦手なお母さんたちだからこそ、率先してお子さんたちを英語教室に通わせていること…。

そんな事実を知って

やばい!うちの子、このままで大丈夫かしら!!!?英語教室探さないと!😱

と、普通のお母さんっぽい反応を、私もしてしまいました(笑)←いや、笑いごとじゃなく、本当にちゃんと何かしらしないと!←と思いつつ、つい後回し😛

 

我が家のことはまたボチボチ考えるとして…今日は、ママのためのフォニックスレッスンのお誘いです♡

さっきのお母さんとの立ち話で、ごく当たり前のように“フォニックス”の話も出てきました。

私たち親世代の多くは、学生時代にフォニックスをフォニックスとして学んでいません。発音コンプレックスが大きい人も多いと思います。

私たちの子ども世代にとっては、当たり前に学ぶフォニックス。

お母さんが「なにそれ?おいしいの?」という反応をするか、お子さんと一緒に「A is for ant! a, a, ant!」なんていいながら、英語の音で遊べるかによって、お子さんの英語の意識が大きく変わるはずです。

HIMAWARIは主に未就園児親子のための教室です。

未就園児がフォニックスを学ぶのはちょっと早いのですが、だからこそ、ママが学ぶことをおすすめしています♡

0~3歳児の特徴は、なんといっても素直!そしてまねっこが好き!ママが大好き!

大好きなママが英語の音を学んでいる横で、いとも簡単にその音を口にするようになっていくんですよ♡

今のうちにママがフォニックスを学んでおけば、お子さんが小学生になるころには、堂々とフォニックスの話が出来るようになります。「なにそれ?おいしいの?」なんて言わずに済みます!(笑)

 

お子さんが小さい今だからこそ、フォニックスを学んでみませんか?
英語が苦手だったお母さんにこそおすすめです。文法とか出来なくても楽しめる内容なんですよ~!

こんなカードやマグネットを使って、遊び感覚で学べます♡

英語が得意で、感覚的に発音できていたお母さんにもおすすめです。感覚的に出来ていたからこそ、発音の理屈を考えたことがないのでは?

みんなのこのポーズにも、ちゃんと上手に発音するための理屈があります!

ママのためのフォニックスレッスンでは、舌の位置や息の吐き方など、大人のために理屈で説明するので、いつかお子さんが苦手な音に遭遇した時、しっかりフォローしてあげられますよ♡

レッスンはお子様連れで受講できます!

次回の開催日程は以下のページからご確認くださいね♪
現在はオンラインレッスンメインで開催しています!

【出張講座承ります】ママのためのフォニックスレッスン
Jolly Phonics(ジョリーフォニックス)の教材を使った、お母さんのためのフォニックスレッスンです。発音を矯正したい方、幼児向けの絵本を読めるようになりたい方におすすめです。

≫ フォニックスってなに?というところから知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください

 

 

タイトルとURLをコピーしました