なんでイライラしないの?子育てを楽しむコツ??

なんでイライラしないんですか?
なんで待てるんですか?
なんで楽しめるんですか?

私をみて、「いくみさんは穏やかに子育てをしている」と思われる方…、一定数いらっしゃいます。最近は、息子たちにキレた話をよくするようになったので、そうでもないかもしれないですが(笑)

以前は、割と頻繁に言われていました

「なんで怒らないでいられるんですか?」と。

まず第一に。私も怒ります(笑)理不尽に声を荒げることもあります。いつも穏やかでいるわけではありません。

でも、確かに、怒るポイントが、他のママたちと違うな、と思う部分はあります。他のママたちというのは、教室にきているママ達じゃなくて、通りすがりのスーパーやショッピングセンター、公園とかで見かける、知らないママ達です。

私が一見、あまり怒らないように見える理由は、2つあります。自己分析なので違うところもあるかもしれませんが…。

1つは、子どもの成長過程を、知識として知っているから
自分のことは一旦棚に上げておいて(笑)、0~3歳のお子さんがいるお母さんたちの悩み(イライラポイント)を見聞きしていると、“それは成長過程で誰もが通る道だから、気にしなくていい”ということが、たっくさんあります。

たとえば。1歳児のお母さんが「上手に手づかみ食べが出来ない」とか。2歳児のお母さんが「お友達におもちゃを貸してあげられない」とか。3歳児のお母さんが「悪いことをしても、ちゃんとごめんなさいって言えない」とか。

これって、当たり前…なんですよね。目くじら立てて怒ろうが、優しく伝えようが、出来ないものは出来ません。そして、出来るようになる時期が来れば、出来るようになります。

子どもがたどる一般的な成長過程を知っていれば、悩む必要がないことって、たーーーっくさんあるんですよ。私が親子教室をしている、大きな理由のひとつがここにあります。“時期が来れば解決する悩み”というものを、お母さんたちに知ってほしい、必要としている人には伝えたい、そう思っています。

 

私が、あまり怒らないように見える理由、2つめは、絶対に怒る(叱る?)ポイントを、決めているから
命に関わること、他人に(明らかな)迷惑をかけること。
これらは、どんな状況であっても、厳しく話します。

それ以外のこと、たとえば、高いところに登るとか(落ちて学べ!)、刃物を使うとか(切って学べ!)、好き嫌いをするとか(文句があるなら、自分でご飯の用意をせい!出してもらったものは最後まで食べよ!)、そういうことは、怒ったりしません。あれ?みんなしないかな?(笑)

公園で裸足になっても怒ることはありません。お友達と砂をかけあっていても、(相手のお母さんが理解があるという前提ではありますが)ギリギリまで止めることはありません。

子どもが癇癪起こして、地べたでひっくり返っていても、割と知らんぷりしちゃいます。道路の真ん中でひっくり返ってたら、危なくないところまでは移動しますが…。
兄弟げんかをして殴り合っていても、知らんぷりしています。物で殴ろうとしたら、めちゃくちゃ怒りますが…「ケンカするなら、素手でしなさい!」と。

4歳過ぎてからは、お友達とケンカしていても、子ども同士で解決するまで、私は近づきません。これも相手のお母さんが理解があるという前提ではあるんですけどね。

基本的には、なんでもやってみればいいと思っているし、やってみなければわからないことってたくさんあると思うんです。

一見、ものすごく放任主義な親に見えるかも知れませんが(笑)

自分がどう見られるか、よりも、子どもたちが自分で感じ、試し、納得することのほうがずっと大事だと思うので…、極力口は出さないようにしています。

 

…っていう、私の理想(笑)
実際は、スーパーは特に、人の目が気になって、すごく口うるさいおかんになっていること、間々ありますけどね…😅

3歳までのお子さんがいるお母さん。

もし、お子さんの素行や人付き合い?で悩んでいたら、そこは悩まなくて大丈夫ですよ。社会性が身につくのは、年齢的にもっともっと先です。

今は、その年齢でしか感じられない好奇心や感性を、大事にしてあげてくださいね♡

 

 


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (9)
  • うんうん (3)
  • やってみます! (0)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP