その言葉に、びっくり仰天!!

キッズ英語レッスンでは、BBカードという教材も使っています。

韻を踏んだリズミカルな英文をたくさん口にしながら、トランプみたいな感じでいろんなゲームをして、英検3級レベルの文法を遊びの中でインプットしちゃう、なんとも素敵な教材です😁

今日のレッスンで、ちょっと驚きの成長を見ちゃいました!

年中Girls、今日はハートとダイヤのカードで遊びたい!というので、さて何をしようかなぁと思いまして。

大きいビンゴやろうか!と、その場の思いつきでやってみました。

カードを並べて…今日は数が多いので、ビンゴ1つ出来たところまでにしようね~なんて話しながら進めていたのですが、ふと思い立って、BBカードの“次の使い方”をしてみました。

※まずはカードで遊びまくって、64個の文をインプットするのが第一の使い方です。

次の使い方というのは、短文の1か所を違う単語に入れ替えてみる、というもの。

たとえば、Peter Piper peeled a pink peach. という文だったら、

  • 先生「Peter Piperは何の皮をむいたの?」
  • 生徒「モモ!peach!」
  • 先生「んじゃ、もしりんごをむいたら?」
  • みんなで「Peter Piper peeled a pink apple.」

という感じで目的語を入れ替えていきます。

上記の文を見てわかるように、ちょっとおかしいですよね?ピンクのリンゴって。

私は、あえてそこには触れずに、バナナだったら?トマトだったら?と聞いていったんです。

 

そしたら!

子どもたちの方が、いつの間にか

Peter Piper peeled a red apple. とか
Peter Piper peeled a yellow banana. とか言い始めて!!

すごいビックリしました。ちゃんとおかしいなって気づいて、さらに正しく言い換えが出来たからです😳

しかも、じゃがいもだったら??というお題に、
私、Peter Piper peeled a yellow potato. と、なぜかじゃがいも(メークイン)を切った断面を思い浮かべちゃって、yellowと言ってしまったんですが(笑)

Peter Piper peeled a brown potato!

と直されてしまいました😝 なんて嬉しいツッコミ!!

 

着実に、子どもたちの中に“英語の感覚”が育っているのを垣間見れて、とってもとっても嬉しかったです💖

また来週もBBカードで遊ぼうね~🍑

おうちでも引き続き、お子さんと一緒に遊んでくださいね♪
(我が家も、最近、夕飯後のカルタタイムにBBカードを入れてます~🎶)

 

≫ BBカードってどんな教材?

≫ キッズ英語レッスン 概要はこちら


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (14)
  • うんうん (0)
  • やってみます! (0)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP