おすすめアプリ「Jolly Phonics Lessons」

キッズ英語レッスン、金曜日の年少クラスは「g」の音と文字の形を確認しました。

いいねぇ、この真剣な顔!

キッズ英語レッスンでは、

  • これまで習った文字と音の復習
  • フラッシュカードや牛乳パックカードでかるたやゲーム
  • 新しい音のお話
  • 音の確認、文字の書き方の確認
  • 文字と音をインプットするためのぬりえやシール、ねんどなどのアクティビティ
  • 絵本の読み聞かせ

という大まかな流れがあって、あとはその日の子どもたちのノリで、色々アレンジしたりしています。

夏休み中、スマホの中の整理をしていたら、「そうだ!このアプリがあった!」と思い出したのがこちら。

Jolly Phonicsの指導書“Teacher’s Book”の内容が、まるっとアプリになった感じのものです。

文字の形をアニメーションで見れたり、歌が入っていたりして、いろいろ使えるんですが、その中でもおすすめなのが、ブレンディングのためのフラッシュカード

※ブレンディング…習った文字を組み合わせて単語にして発音すること。s(スー)u(ア)n(ン)=sun(サン)みたいな感じです。実際はカタカナでは書けない音です。

Jolly Phonicsの特徴として、習った音をどんどんブレンディングして読んでいく、というのがあります。でもネイティブスピーカーじゃない我々日本人にとっては、それらの音(文字)でどんな単語が作れるのか、パッとは出てこないんですよね。

そんなときに役立つのが、ブレンディング用のフラッシュカードです。

これ、今週のレッスンで年中クラスと年少クラスで使ってみたんですが、物珍しさからか?単にスマホが好きなのか?子どもたちとても喰いついていました。

といっても、喰いついてほしいから使ったわけではなく(笑)、私以外の人の発音を聞くのに、とてもいいと思ったからです。やっぱりいろんな音を聞いておくこと、大事ですから。特にネイティブスピーカーの音は大事です。

※と、いいつつも、あえてマニアックなつっこみをしますが、このアプリのネイティブスピーカーの音が“正解”ではない部分もあります。だから、自分と比べて「アプリと違うから自分が間違い」とは思わないでくださいね!何がどう“正解”ではないのかについては、文字じゃ書けないので、気になる方は大人のフォニックスレッスンにご参加ください♡

大事なのは、いろんな英語の音を聞くこと、です。英語って、そういうもんだと思います。

 

という訳で、英語が苦手なお母さんたちにはもちろんおすすめのアプリなんですが、自分で発音出来ちゃうお母さんにも、おすすめのアプリです。

  • ブレンディングの練習
  • いろんな英語の音を聞く機会

のために、ぜひ活用してくださいね!

それにしても、子どもたち、大きいホワイトボードが大好きですね♡ホワイトボードおすすめですよ!おうちにない方は、お子さんのために、自由に書ける広いスペース、作ってあげませんか?

「今日は何ならったの~?先生教えて~」なんて声掛けしたら、きっと可愛いチビっ子先生になってくれますよ~♡

 

アプリ Jolly Phonics Lessonsをダウンロードする
≫ iPhoneの方はこちら
≫ Androidの方はこちら

 

Jolly Phonics関連教材

 


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (5)
  • うんうん (2)
  • やってみます! (2)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP