English Onlyを目指す!まずは私から♡

HIMAWARIのキッズ英語レッスンでは、読み書きのチカラをつけることを重視しています。

これは私自身の経験から来ていまして…

  1. 学生時代に文法を叩き込む
  2. 英語弁論大会や暗唱大会に出る=音読・暗唱を徹底する
  3. 海外に出る(英語が必須の環境で生活する)

そうすれば、ある程度話せるようになるし、文法や音読で叩き込んだ英語力は会話力にも繋がるし、英語の環境から離れても英語を忘れにくいと実感しています。

日本人の両親の元で、日本の学校に通っていたら、なかなか英語が必須の環境を作るのは難しい。だからこそ、読み書きと音読のチカラをしっかりつけて、いつか将来、海外にポーンと出ちゃえばいい!と思っていたのですが…

最近、「いや、今!子どもだからこそアウトプットを増やすべきかも!?」と思う出来事が多々ありまして、読み書き音読が軸であることには変わりないのですが、レッスンではアウトプット(発話)をもっと促したいな~🙄と思い始めました。キッズ英語レッスン、All Englishを目指してみようかな♡

 

思い立ったら即行動!

ということで、今日のレッスン(年中&1年生クラス)は、いきなり私からの英語モリモリにしてみました(笑)

そうしたら、思っていた以上に私の話す英語を理解している!!!
そして、思っていた以上に、子どもたちから英語が出てこなーーい!!

ま、いきなり先生だけAll Englishモードに入っても、子どもたちはわからないですよね😅今日は、「これはイケル!」という手ごたえは得られたので、それでヨシとします。

これまで読み書きメインのレッスンをしてきただけあって、字を読むチカラは素晴らしい✨

Jolly PhonicsのActivity Bookには、こういう単語カードがついています。それをラミネートしたものを今日のレッスンで使いました。

絵カードと字カードをバッと広げて、Ready Go!の掛け声とともに、ペアになるカードを選び取ります。

そして、取ったカードはみんなの前で声を出して読み、ちゃんと読めたらポイントゲット!

子どもたち、大興奮でした!だから、写真がブレブレ~(笑)

こういう時に「あった!」とか「ペンどこどこ~?」と日本語が出ちゃうので、「I got it!」とか「Where is a pen?」とか言えるようになるといいなぁ~😆

ワークの時間も、もっともっと英語の発話に繋げられるはず!

講師: How many bees can you see?
生徒: I can see three bees!

動物と数を入れ替えて、何度も繰り返しました。おうちでも宿題をするときに、横でお母さん声がけお願いしますね♡
たくさんの種類の声がけじゃなくていいです。1種類でいいから、何度も何度もお願いします!

そして最後はBBカード。

だいぶ声を出すことにも慣れてきましたね~

The small dog is called Paul.
という文のPaulを、子どもたちの名前に入れ替えて言ってみました。全員の名前を入れた後、子どもたちの方から「いくみ先生だったら~?」とのツッコミももらって😚

The small dog is called Ikumi!
って、ちゃんと言えましたね♡

本日のレッスン、私の英語アウトプットは8~9割、子どもたちは3~4割、という感じでした。
さぁ、半年後、どうなっているかな?
楽しみです😋

≫ キッズ英語レッスン 概要はこちら

 

参考教材

 

関連記事

≫ 読み書きのチカラがなぜ会話力に繋がるのか

≫ フォニックスと多読で自力読み!

 


ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (12)
  • うんうん (3)
  • やってみます! (1)

スケジュール・空き状況はこちら



↑ PAGE TOP