今しか出来ない子育て、全力で満喫しません?

【ご感想】トイトレ完了!おむつはずし頑張り隊2019レポ♪

梅雨入りしましたね~。
トイトレを始めない理由のひとつに梅雨がありますが(笑)梅雨、あけたらおむつを取りたいママたちへ。

ゴールデンウィーク前に結成した、おむつはずし頑張り隊2019のみなさんにいただいたトイトレレポをご紹介します!なにかしらのヒントになったら嬉しいです

おむつはずし頑張り隊とは…私が年に1回しか開催しないまぼろしのおむつはずし講習を受講したメンバーのこと。来年幼稚園入園のお子さんがいらして、本気でこの夏おむつを取りたいママに向けての愛のムチがたっぷりつまった講習です。

 

まずは、おむつはずし講習を受けようと思った理由をお聞かせください。

そもそもオムツ外しをどうやったら良いのかが全く分からなかった為参加しました。母に聞いても(私が昔)布オムツだったから苦労せずすぐ外れたし、今のオムツ外しは分からないと言われ、ネットで調べてもピンと来ず、よく分からないまま実践した結果息子も「???」となり、藁にもすがる思いで講習を受けました。
元々GWに集中して外したいと思っていてトイトレの本も買って読んでいましたが、ちょうどGW前にいくみ先生の講習を受けられると知り、本に書いてある事以外にも何か得られる事があるかもと思ったので参加しました。
トイトレをしなければ、、、と思いつつ実行に移せていなくてぬるま湯に浸かっていたところ、丁度こちらの講習がある事を知り、何かきっかけになるかもと思い受講致しました。

 

なるほど!では、受講してのご感想を一言でお願いしますっ!

いくみ先生のたくさんのアドバイスとたくさんの愛のムチ❤️をたくさん受け取り、完全に覚悟を決めて実践することが出来ました。
いくみ先生のお話を聞いて、難しく考えずにとりあえずやってみる事が大切だと思いました。
覚悟を決めさせてもらったのと同時に、これをきっかけに始めれば出来るかもしれない!とやる気が出ました!
私がお伝えするおむつはずしは、いきなり布パンツ!衝撃と覚悟が大事!一度パンツと決めたら二度とおむつに戻らない!という方法ですが…。

 

実際にやってみて、大変だったことはどんなことですか?
私も鬼じゃないから、大変だということは想像できます…

我が子は6日間までがそれはそれは大変でした。漏らされることは平気でしたが、オシッコを我慢されることが何よりも心配でした。(トイレでしたくないけど漏らしたくもない為、我慢してやる!となってしまったのです💦)
漏らすのは仕方ない事だと思っていましたが、何時間もおしっこを我慢する事があり膀胱炎になるのでは無いかと心配でした。
漏らす事=ダメな事ではないと学んだはずだったのですが、いざ始めて、漏らしまくるのを目の当たりにするとそれはそれはストレスフルで、、、娘に対して心穏やかに接することが難しいと思ってしまうことが増えて心苦しかったです。そして、やはり漏らしまくるので洗濯&漂白の繰り返しが大変でした。
みなさんの大変だったこと…私は経験していないので、ほんと貴重な体験談をお話しいただけることに感謝します。これから挑戦するママたちの励みになると思います!

 

私は3日でとれる!と(ブログ上では)豪語していますが、みなさん実際どれくらいでおむつが取れましたか?

我が子は我慢してしまうタイプだったので、漏らした回数は少ないかもです。恐らく15回くらい?どんなトイレでも出来るようになったのでもう大丈夫かな、と思えるようになったのは10日目だと思います。
初日はおしっこ全お漏らしでしたが、2日目以降は1、2回に減りました。もう大丈夫!と思えたのは10日目ぐらいです。
始めてから5日間は積極的に漏らしまくっていました。漏らしまくったので回数もカウントしていませんでした。3週間目あたりから本人が自分で教えてくれるようになり、外出先のトイレでもできるようになってきました。

みなさん、ほんと頑張りましたね。

3日でとれる!というのは、ブログ用に誇張して言っています。実際はもちろん個人差があります。今回のみなさんのご感想でいただいたように漏らしまくる日数と「もう大丈夫」と親子の信頼関係が出来るまでの日数は、ほんと様々です。でも、やっぱり大事なのは、漏らしまくる経験をたくさん積ませてあげること。ですね。

漏らす=失敗、といっているお母さんが多いですが、失敗じゃないですよ!漏らす=おむつを取るために必要な経験です。経験をさせずに、結果だけ求めるなんて、酷ですから。これから挑戦するお母さんたちは、ほんと、お子さんに漏らす経験をさせてあげて欲しいと思います。

 

では、最後に、これからトイレトレーニングをしようと思っているママたちに、応援メッセージをお願いします!

トイトレは親もかなりのストレスが掛かりますが、子供はそれ以上にストレスがかかっていると思います。最初は親子でストレスフルな数日間を過ごさなければなりませんがオムツ外しに挑戦しているうちに排出のタイミングや何故トイレを嫌がっているのか等、色々見えてきます。元々の息子の性格と見えてきた感覚に沿って工夫しながらトイトレを実践した結果、息子もコツを掴んだみたいで7日目から一気にトイトレが進みました。こんなに早くオムツが外れるとは思わなかったので、いくみ先生の講習を受けて本当に良かったです☆
オムツ外しは始めるのに覚悟がいりますが、気楽にまずはやってみる事が大事だと思いました。子供も排泄習慣を変えなければいけないのでストレスになりますが、短期間で済むなら親も子も楽なので、実践して良かったです。
いくみ先生の講習を受けて背中を押して頂き、相談もさせて頂けて有り難かったです。
今まで当たり前だったオムツを外すこと、いわゆる、生活習慣を変える事は母子共にストレスです。でも、改めて子どもと向き合う機会にもなります。観察していると排泄のタイミングが分かってきます(おしっこやうんちをする時の独特な仕草や表情がわかってきて面白かわいかったです♡きっとこれはパパは分からないと思う!)
いきなり完璧を求めてしまうのではなく、一進一退する過程を子どもと共有しながらオムツ卒業を目指していければいいと思います。まぁ、それが難しいのですが(^^;)オムツ外しの過程でいくみ先生の的確なアドバイスや同じ頑張り隊のメンバーが居たからストレスに潰されずに頑張れたことも大きいです。
一度しかない娘のオムツ外しの機会だったので、もう少しちゃんと細かくオムツ外しの記録をつけておけばよかったと少しの後悔を残して、今回の講習はとても有り難い貴重な機会でした。

みなさん、お忙しい中ご感想ありがとうございました!

今年は荷物も減って、心置きなくプールも楽しめますね素敵な夏をお過ごしくださいね!

 

最後に、実は今年は私もおむつはずし頑張り隊2019のメンバーの一人でした。↑上記のみなさんと一緒に、私もゴールデンウィークから、サブローのおむつはずしを実行しました。

サブローは1歳3か月でしたし、生まれたときから排泄の習慣づけをしていたので、いわゆるトイレトレーニングとは過程が異なります。それでも、それでもですね!実際に「紙おむつをやめよう」と覚悟を決めるのは、結構気合が必要なんです。

みなさんを応援しつつ、私も頑張らなくちゃ!と一緒に頑張れました!

結果、サブローは5月に入ってから一度も紙おむつを使っていません。一日におもらしする回数がだんだん減っていって、1歳4カ月くらい(紙おむつをやめて3週間くらい)から、おもらしをしない日が増えて行って…最近では、電車でのお出かけもパンツで行けるようになりました。

ゆっくりゆっくり、彼のペースで「ああ、こういうことか!」と理解していったのだと思います。

まだまだおもらしする日もありますし、夜の布おむつは濡れている日の方が多いですが、もう今は言葉と行動でトイレに行けるので、信頼関係はバッチリ完成したと言えると思います。

タロー、ジローとはまた違うタイプのおむつはずして、本当に貴重な経験をさせてもらいました。ありがとう、サブロー。

あ~~、もうおむつはずしがないと思うと、寂しいです。我が家から赤ちゃんがいなくなったな~って感じです。

今度は孫かな~。でも、お嫁さんに「うちの姑うるさい」って言われちゃうかな~。いやいや、約20年後には、また1歳半でおむつを外すのがスタンダードっていう風に、子育ての価値観が変わっているといいな。子どもの健やかな成長のためにね。

梅雨明けからおむつはずしするみなさんへ!心よりエールを送ります!

パンツにすると決めたら、二度とおむつに戻るなー!

最後までお読みいただき、ありがとうございました

 

 

ポチっとしてもらえたら、嬉しいです♪
  • いいね♡ (7)
  • うんうん (1)
  • やってみます! (0)



スケジュール・空き状況はこちら
LINE@に登録する
タイトルとURLをコピーしました